WTAツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(WTAプレミア5/イタリア・ローマ/9月14~21日/賞金総額169万2169ユーロ/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、土居美咲(ミキハウス)は第12シードのマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)に1-6 6-4 4-6で競り負けた。試合時間は2時間33分。

 今大会に3年ぶり4度目の出場となる29歳の土居は、2016年にプレミア5の大会で自己最高となるベスト8をマーク。前回プレーした2017年は、1回戦でキャサリン・ベリス(アメリカ)に4-6 6-7(6)で敗れていた。

BNLイタリア国際2020|PHOTOアルバム

 両者は今回が初対戦。21歳のボンドルソバは昨年のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)でノーシードから勝ち上がり、決勝でアシュリー・バーティ(オーストラリア)に敗れたが準優勝に輝いていた。

 ボンドルソバは2回戦で、予選勝者のアランチャ・ラス(オランダ)と対戦する。ラスは1回戦で、19歳のイガ・シフィオンテク(ポーランド)を7-6(5) 6-3で下しての勝ち上がり。

 土居はレタナ・ボラコバ(チェコ)とのコンビでダブルスにも出場しており、加藤未唯(ザイマックス)/サブリナ・サンタマリア(アメリカ)との初戦を控えている。(テニスマガジン)

※写真は土居美咲(ミキハウス)
ROME, ITALY - SEPTEMBER 15: Misaki Doi of Japan reacts in her round one match against Marketa Vondrousova of The Czech Republic during day two of the Internazionali BNL d'Italia at Foro Italico on September 15, 2020 in Rome, Italy. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.