20歳のティアフォーがATPツアー初タイトルを獲得 [デルレイビーチ・オープン]

 アメリカ・フリリダ州デルレイビーチで開催された「デルレイビーチ・オープン」(ATP250/2月19~25日/賞金総額62万2675ドル/ハードコート)のシングル決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した世界91位のフランシス・ティアフォー(アメリカ)がペーター・ゴヨブチック(ドイツ)を6-1 6-4で破り、自身初のATPツアー・タイトルを獲得した。

 26年間の大会の歴史の中でランキング91位のティアフォーの優勝は、ワイルドカードでの出場選手による初めての優勝となった。決勝では最後の2ポイントを連続サービスエースで締め、ストレート勝ちを収めた。

 20歳での優勝はアメリカ人選手では、2002年にヒューストンで優勝したアンディ―・ロディック(当時19歳)に次ぐ年少記録になる。

 優勝を決めた瞬間、ティアフォーは背中から地面に倒れ込んで喜びを表現し、泣きながら父親に抱きついた。

「自分自身だけでなく、家族を経済的に助けられるところまできたと思う。ここまでたどり着くことができたのは信じられないくらいだけど、テニスよりもずっと重要なことなんだ」とティアフォーは語った。

 ティフォーの両親は西アフリカのシエラレオネから、よりよい生活を求めてアメリカに移住してきた。父はメアリーランド・テニスクラブで施設の整備を担当する仕事に就くと、アメリカ生まれのフランシスは、自然とテニスの虜になった。彼の双子の兄弟フランクリンは、スポーツにまったく興味を持たなかったようだ。

 現在、息子とともにツアーを回り始めた父は「信じられない! 小さい頃から彼に“一生懸命やれば、必ず自分のゴールにたどり着ける。夢中になったものは、必ずうまくできるものだ”と言い続けてきた」と語った。

 この優勝でランキング61位に上昇したティアフォーが、ツアー決勝に進んだのは今回が初めてのこと。その1週間前に開催されたニューヨーク・オープンでは準々決勝まで勝ち進み、ツアー通算勝利数を9に伸ばしたところだった。

 ティアフォーはこの2週間でツアー7試合に勝利。その中には、デルレイビーチの2回戦で、トップ10選手のフアン マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)からの勝利も含まれている。

 決勝でティアフォーが対戦したゴヨブチックは、直近でアメリカ人選手とのツアーレベルでの対戦で8連勝中だった。その中には、今大会で第6シードのジョン・イズナー(アメリカ)、ライリー・オペルカ(アメリカ)、スティーブ・ジョンソン(アメリカ)からの勝利も含まれる。そして、ゴヨブチックが最後に敗れたアメリカ人選手も、実はティアフォーだったのだ。2016年にアメリカ・イリノイ州ウィネットカでのチャレンジャー大会で2人は対戦していた。

「絶対彼を倒すって言ったろ? 彼に敗れた選手たちに“お前があいつを倒すんだ!”」って何度もメールをもらったんだ」とティアフォーは笑った。

 ウィネットカでティアフォーに敗れたあと、ゴヨブチックは下部大会を含めると、アメリカ人選手に対して14連勝中だった。しかし、今大会準決勝のジョンソン戦で左のハムストリングを痛めていた。決勝の第1セットでティアフォーが5-0とリードしているとき、ゴヨブチックがこの試合で初めてトレーナーを呼び、太腿にテーピングを巻いてもらった。

「今日は、自分の日ではなかった。でも、今週は僕にとって素晴らしいもので、キャリアハイの51位に上がることができた。自分の最高のショットを放つためにチャレンジし、決勝では自分の最高のプレーを見せたいものだ」とゴヨブチックは語った。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はポルシェに腰掛けて笑顔を見せるティアフォー
DELRAY BEACH, FL - FEBRUARY 25: Championship winner Frances Tiafoe of United States poses in a Porsche during the trophy ceremony at the Delray Beach Open held at the Delray Beach Stadium & Tennis Center on February 25, 2018 in Delray Beach, Florida (Photo by Peter Staples/ATP World Tour via Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録