シャラポワとプイグがハリケーン被災者を援助するためプエルトリコへ

 マリア・シャラポワ(ロシア)とモニカ・プイグ(プエルトリコ)は来週、大型ハリケーン・マリアの被害からの復旧活動を助けるため、カリブ海の島、プエルトルコに赴くことになった。

モニカ・プイグ(プエルトリコ/左)とマリア・シャラポワ(ロシア/右)(写真◎Getty Images)

 グランドスラム大会優勝歴5回のシャラポワ、そして昨夏のリオ五輪で、すべてのスポーツにおいてプエルトリコ初となる五輪金メダルを獲得したプイグは、携帯調理器や薬品、その他の救援物資を配るため、月曜日にプエルトリコに発つ。

 両選手の代理人を務めるエージェンシーは、プイグはハリケーンの被災者を助けるため12万5000ドルを超える資金を集め、シャラポワは、彼女が所有するキャンディの会社から2017年の残りシーズンの売り上げを寄付しようとしている、と明かした。

 このハリケーンは9月20日にプエルトリコを襲い、公式の集計によれば、少なくとも48人の死者を出した。ハリケーンは広範囲の洪水を引き起こし、340万の人々が住む、この島の配電網をすべて破壊した。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


Pick up


Ranking of articles