予選ラウンドが終了、ファイナルズ進出国12チームが決定 [デビスカップ]

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten」の予選ラウンド(3月6、7日)が終了し、第1シードのクロアチア、第4シードのアメリカ、第5シードのオーストラリア、第6シードのイタリア、第7シードのドイツ、第8シードのカザフスタン、第9シードのチェコ、第10シードのオーストリア、第12シードのスウェーデン、コロンビア、ハンガリー、エクアドルの12ヵ国がファイナルズ進出を決めた。

 ホーム(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)でエクアドルと対戦した第11シードの日本は、3連敗で予選ラウンド敗退が決まった。試合は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、全日程無観客で実施された。

 敗れた第2シードのベルギー、第3シードのアルゼンチン、日本、オランダ、チリ、インド、ウズベキスタン、ブラジル、韓国、スロバキア、ウルグアイ、ベラルーシの12ヵ国は、来年のファイナルズ予選への出場権をかけて9月に行われるワールドグループⅠの対戦に臨むことになった。

 デビスカップは昨年から、新フォーマットに変更されている。新たに改革されたフォーマットは、国際テニス連盟(ITF)と、スペインのサッカー選手ジェラール・ピケによって設立された投資団体「コスモス」の協力によって開発された。

 24ヵ国がホーム&アウェー方式で争う予選ラウンドは、ベスト・オブ・3セットマッチで初日にシングルス2試合、2日目にダブルス1試合とシングルス2試合(先に3勝したチームの勝利)で行われた。

 ファイナルズでは18ヵ国が3チームによる6グループに別れて総当たり戦を行い、各グループの1位と、2位にの中でもっとも成績のいい2チームが決勝トーナメントに進出して優勝チームを決定する。試合はベスト・オブ・3セットマッチで行われ、シングルス2試合とダブルス1試合で争われる。

 なお、前年優勝国のスペインと準優勝のカナダ、ベスト4のイギリスとロシア、そしてワイルドカード(主催者推薦枠)のフランスとセルビアの6チームは、すでに出場権を獲得している。

2020デビスカップ by Rakuten ファイナルズ|トーナメント表

※左側が開催国、[ ]数字はシード順位

ファイナルズ予選|3月6、7日

クロアチア[1] 3-1 インド(クロアチア・ザグレブ/室内ハードコート)

R1 ○ボルナ・ゴヨ 3-6 6-4 6-2 ●プラジュネシュ・グネスワラン
R2 ○マリン・チリッチ 7-6(8) 7-6(8) ●ランクマー・ラマナサン
R3 ●マテ・パビッチ/フランコ・シュクゴール 3-6 7-6(9) 5-7 ○ロハン・ボパンナ/リーンダー・パエス
R4 ○マリン・チリッチ 6-0 6-1 ●スミト・ナガル
R5 ボルナ・ゴヨ 打切 ランクマー・ラマナサン

ハンガリー 3-2 ベルギー[2](ハンガリー・デブレツェン/室内クレーコート)

R1 ●アッティラ・バラージュ 7-5 6-7(4) 4-6 ○ルベン・ビーママンズ
R2 ○マートン・フクソービッチ 6-2 5-7 6-4 ●キマー・コペヤンス
R3 ●アッティラ・バラージュ/マートン・フクソービッチ 6-3 1-6 4-6 ○サンダー・ジレ/ヨラン・ビリゲン
R4 ○アッティラ・バラージュ 6-3 6-0 ●キマー・コペヤンス
R5 ○マートン・フクソービッチ 6-7(7) 6-4 6-2 ●ルベン・ビーママンズ

コロンビア 3-1 アルゼンチン[3](コロンビア・ボゴタ/室内クレーコート)

R1 ○ダニエル エライ・ガラン 6-1 6-4 ●レオナルド・メイヤー
R2 ●サンティアゴ・ヒラルド 7-6(4) 3-6 2-6 ○フアン イグナシオ・ロンデロ
R3 ○フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ 6-3 6-7(3) 7-5 ●マッシモ・ゴンサレス/ホレイショ・ゼバロス
R4 ○ダニエル エライ・ガラン 6-3 6-4 ●フアン イグナシオ・ロンデロ
R5 サンティアゴ・ヒラルド 打切 レオナルド・メイヤー

アメリカ[4] 4-0 ウズベキスタン(アメリカ・ホノルル/室内ハードコート)

R1 ○ライリー・オペルカ 6-2 7-5 ●デニス・イストミン
R2 ○テイラー・フリッツ 6-1 6-2 ●サンジャル・ファイジエフ
R3 ○ボブ・ブライアン/マイク・ブライアン 6-3 6-4 ●サンジャル・ファイジエフ/デニス・イストミン
R4 ○トミー・ポール 6-3 6-0 ●デニス・イストミン
R5 ライリー・オペルカ 打切 サンジャル・ファイジエフ

------

オーストラリア[5] 3-1 ブラジル(オーストラリア・アデレード/ハードコート)

R1 ○ジョーダン・トンプソン 6-4 6-4 ●チアゴ・モンテーロ
R2 ○ジョン・ミルマン 4-6 7-6(0) 6-2 ●チアゴ・ザイブチ ビルチ
R3 ●ジェームズ・ダックワース/ジョン・ピアース 7-5 5-7 6-7(6) ○マルセロ・デモリナー/フェリペ・メリジェニ ロドリゲス アウベス
R4 ○ジョン・ミルマン 6-7(6) 7-6(3) 7-6(3) ●チアゴ・モンテーロ
R5 ジョーダン・トンプソン 打切 チアゴ・ザイブチ ビルチ

イタリア[6] 4-0 韓国(イタリア・カリアリ/クレーコート)

R1 ○ファビオ・フォニーニ 6-0 6-3 ●イ・ダクヒ
R2 ○ジャンルカ・マジェル 6-3 7-5 ●ナム・ジソン
R3 ○シモーネ・ボレッリ/ファビオ・フォニーニ 6-3 6-1 ●ナム・ジソン/ソン・ミンギュ
R4 ○ステファノ・トラバグリア 6-0 6-1 ●チョン・ユンソン
R5 ジャンルカ・マジェル 打切 イ・ダクヒ

ドイツ[7] 4-1 ベラルーシ(ドイツ・デュッセルドルフ/室内ハードコート)

R1 ○ヤン レナード・ストルフ 6-4 6-4 ●イリヤ・イバシカ
R2 ●フィリップ・コールシュライバー 6-4 5-7 6-7(3) ○イゴール・ゲラシモフ
R3 ○ケビン・クラウィーツ/アンドレアス・ミース 6-4 7-6(5) ●イリヤ・イバシカ/アンドレ・バジレンスキー
R4 ○ヤン レナード・ストルフ 6-3 6-2 ●イゴール・ゲラシモフ
R5 ○ドミニク・コプファー 6-0 6-2 ●ダニール・オスタペンコフ

カザフスタン[8] 3-1 オランダ(カザフスタン・ヌルスルタン/室内ハードコート)

R1 ●ミカエル・ククシュキン 4-6 7-6(2) 3-6 ○ロビン・ハッサ
R2 ○アレクサンダー・ブブリク 7-6(4) 7-6(4) ●タロン・グリークスプア
R3 ○アンドレイ・ゴルベウ/アレクサンドル・ネドベソフ 6-3 6-3 ●ロビン・ハッサ/ジャン ジュリアン・ロジェ
R4 ○アレクサンダー・ブブリク 7-6(4) 6-1 ●ロビン・ハッサ
R5 ミカエル・ククシュキン 打切 タロン・グリークスプア

------

スロバキア 1-3 チェコ[9](スロバキア・ブラチスラバ/室内クレーコート)

R1 ●ヨセフ・コバリク 3-6 5-7 ○イリ・ベセリ
R2 ●アンドレイ・マルティン 4-6 4-6 ○ルーカシュ・ロソル
R3 ○フィリップ・ポラセク/イゴール・ゼレナイ 6-4 6-4 ●ヨナス・フォレイティック/ズデネク・コラル
R4 ●アンドレイ・マルティン 6-4 5-7 5-7 ○イリ・ベセリ
R5 ヨセフ・コバリク 打切 ルーカシュ・ロソル

オーストリア[10] 3-1 ウルグアイ(オーストリア・グラーツ/室内ハードコート)

R1 ○デニス・ノバク 6-2 6-4 ●マルティン・クエバス
R2 ●ユーリ・ロディオノフ 7-6(7) 3-6 6-7(5) ○パブロ・クエバス
R3 ○オリバー・マラック/ユルゲン・メルツァー 4-6 6-3 7-5 ●アリエル・ベハール/パブロ・クエバス
R4 ○デニス・ノバク 2-6 6-3 6-4 ●パブロ・クエバス
R5 ユーリ・ロディオノフ 打切 マルティン・クエバス

日本[11] 0-3 エクアドル(日本・兵庫/室内ハードコート)

R1 ●添田豪 5-7 6-7(3) ○エミリオ・ゴメス
R2 ●内山靖崇 6-7(4) 6-2 6-7(8) ○ロベルト・キロス
R3 ●マクラクラン勉/内山靖崇 6-7(3) 3-6 ○ゴンサロ・エスコバル/ディエゴ・イダルゴ
R4 内山靖崇 打切 エミリオ・ゴメス
R5 添田豪 打切 ロベルト・キロス

スウェーデン[12] 3-1 チリ(スウェーデン・ストックホルム/室内ハードコート)

R1 ○ミカエル・イーメル 6-2 6-3 ●マルセロ トーマス・バリオス ベラ
R2 ●エリアス・イーメル 4-6 3-6 ○アレハンドロ・タビロ
R3 ○マルクス・エリクソン/ロベルト・リンドステット 6-4 6-4 ●マルセロ トーマス・バリオス ベラ/アレハンドロ・タビロ
R4 ○ミカエル・イーメル 3-6 7-5 6-3 ●アレハンドロ・タビロ
R5 エリアス・イーメル 打切 マルセロ トーマス・バリオス ベラ

※写真はファイナルズ進出を決めたドイツ代表チーム
DUESSELDORF, GERMANY - MARCH 07: (BILD ZEITUNG OUT) the player's of Germany celebrate after winning the second day of the Davis Cup qualifier between Germany and Belarus at Castello on March 7, 2020 in Duesseldorf, Germany. (Photo by Alex Gottschalk/DeFodi Images via Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録