2018-08-21

海外ニュース

PR

7年ぶりに登場した本格派テニスゲーム「TENNIS WORLD TOUR」!

日本での発売より一足早く、テニスマガジンの編集部員がテニス ワールドツアーをプレイしてみた。選手の顔や動き、サーフェスの違いなどが本物そっくりに再現されており、一瞬でのめり込んだ。どれほど“リアル”なのか、その魅力を紹介する。

【PS4/Switch】テニス ワールドツアー ゲームプレイトレーラー

www.youtube.com

ここがリアル①

約30人のトップ選手が実名で登場

フェデラー、ズベレフらトップ選手を選択してプレイすることも可能だ。ラケットやウェア
まで忠実に再現されており、本物そっくりのフェデラーの片手バックハンドは必見!

【出場選手リスト】

男子選手
ロジャー・フェデラー(スイス)
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)
ガエル・モンフィス(フランス)
ジョン・イズナー(アメリカ)
カイル・エドマンド(イギリス)
ダビド・ゴファン(ベルギー)
リシャール・ガスケ(フランス)
ファビオ・フォニーニ(イタリア)
ロベルト・バウティスタ・アグート(スペイン)
タナシ・コキナキス(オーストラリア)
テイラー・フリッツ(アメリカ)
マイケル・モー(アメリカ)
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)
ニック・キリオス(オーストラリア)
ドミニク・ティーム(オーストリア)
カレン・ハチャノフ(ロシア)
スタン・ワウリンカ(スイス)
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
リュカ・プイユ(フランス)
ジェレミー・シャルディー(フランス)
チョン・ヒョン(韓国)
ステファノス・チチパス(ギリシャ)
フランシス・ティアフォ(アメリカ)

女子選手
アンゲリク・ケルバー(ドイツ)
ガルビネ・ムグルサ(スペイン)
ウージニー・ブシャール(カナダ)
キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)
マディソン・キーズ(アメリカ)

ここがリアル②

マッケンロー、アガシの追加も可能

レジェンド枠としてジョン・マッケンロー、アンドレ・アガシの2選手を追加コンテンツと
してダウンロードし、自分のゲームに加えることもできる。マッケンローは解説者として
も、試合中に声で登場する。

ここがリアル③

自分が世界トップを目指すキャリアモード

キャリアモードでは自分の好きな選手、あるいは自分自身をつくり、ツアーに参戦できる。性格、体つき、身長、利き腕、サービス時のボールの弾ませ方など、10種類の項目から選び、自分だけのオリジナル選手を成長させながら戦うことも可能だ。

ここがリアル④

オンラインで世界中の仲間と対戦

オンラインで世界中のプレイヤーと対戦することもできる。
ムグルッサ対フェデラーなど、男女の対戦もできる。

ここがリアル⑤

音、明るさなどもリアル

スタジアム内のボールの弾む音や声の響き方、太陽の光がコートに射し込む様子などがリアルに表現されており、臨場感あふれる中でプレイできる。

ここがリアル⑥

見ているだけでも楽しい!

ほかの人がプレイしているのを画面で見ているだけでも、実際にテレビ観戦しているかのような臨場感があり、周囲の人といっしょに盛り上がれる。

タイトル:テニス ワールドツアー
メーカー名:株式会社オーイズミ・アミュージオ
機種:Nintendo Switch/PlayStation 4
発売日:2018年8月30日(木)
希望小売価格:7800円+税
プレイ人数:1~2人
ジャンル:テニスシミュレーション

www.o-amuzio.co.jp

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録