中川直樹が大学生の今村昌倫を圧倒して初優勝 [三菱全日本テニス選手権95th]

中川はうれしい全日本初優勝も通過点にしていく

5日間の短縮日程、男女シングルスのみで無観客開催された「三菱全日本テニス選手権95th」の大会最終日となる5日目。前日までの室内ハードコートから有明コロシアムに舞台を移し、ボールパーソンや線審もフルにつけられた中で男女シングルスの決勝が行われた。

盤石のサービスゲーム
 中川直樹(橋本総業ホールディングス)とワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した学生王者の今村昌倫(慶應義塾大学)によるノーシード対決となった男子シングルス決勝は、中川が6-1 6-2のストレートで快勝。プロの意地を見せつけた。

「硬かった。緊張していた」という中川は、第1セット第1ゲームをいきなりブレークされ「やばいな」と感じるスタートだったが、続く第2ゲームで今村のゲームポイントをいなしながらすかさずブレークバックを果たすと、一気に走った。

 今村がラリーの組み立てに苦しむ中、鋭いフォアハンドを左右のコーナー深くに打ち込む早い仕掛けで主導権を手繰り寄せ、第4、第6ゲームを立て続けにブレークする。「途中からよくなってきてアジャストできた」というサービスゲームは盤石。第5ゲームはフリーポイントを重ねて最後はサーブ&ボレーで決めるラブゲーム、第7ゲームはサービスエースを4本まとめてあっという間に第1セットを奪う。


中川は終始ゲームをコントロールした

 第2セットも流れは変わらない。危なげなくサービスキープを続ける合間に、第3、第5ゲームでは流れを変えようとネットに詰める今村をパスで抜き、足元に沈め、ブレークに成功。5-2で迎えたサービスゲームはデュースに持ち込まれたが、最初のマッチポイントでサービスから今村のリターンエラーを引き出し、バンザイするように両手を高々と突き上げた。

全日本タイトルも世界への通過点に
「ホッとしている。うれしい気持ちでいっぱい」と優勝を喜んだ中川。「ジュニアのときから全国で優勝はなかったので」というように、2008年全国小学生での準優勝をはじめ常に世代のトップランナーだったにもかかわらず全国タイトルには縁がなかったが、初の全国タイトルを全日本という舞台で手にした。

 それでも、国内最高峰のタイトルも通過点にするつもりだ。14年のプロ転向以降、右肘や右手首などの相次ぐ故障で満足なプレーができない時期が続いたが、ようやく万全の状態で叩けるフィジカルを取り戻しつつある。「ATPランクは600番台。まずはチャレンジャーに出られるランキングにして、結果を出して、ATPツアーやグランドスラムで戦えるようにしていきたい」と、すでに視線は先に据えられている。

学生優勝の快挙はならなかったが
大学に所属する選手としては04年の権亨胎(近畿大)以来、16年ぶりの決勝進出を果たした今村。1979年の福井烈(当時、中央大)以来、41年ぶりの快挙となる優勝には手が届かなかったものの、特大のインパクトを残したことは間違いない。


優勝の快挙はならなかったが確かな存在感を放った今村

 誤算だったのが「有明コロシアム」だ。準決勝まではスローな室内ハードコートでの戦いだったが、有明コロシアムのサーフェスはより高速だった。「慣れるのに時間がかかり、自分のプレーができなかった」と言うように、我慢のラリーから好機を逃さずカウンターを放ってネットで仕留めるという戦略が崩れ、逆に速いコートを追い風にハイテンポなラリーを展開する中川のペースに最後までアジャストできなかった。

「決勝までくることができるとは思っていなかったのでうれしい気持ちもあるし、自信にもなったが、やはり悔しい。悔いの残る試合になってしまった」と複雑な気持ちを口にした今村。卒業後はプロとして活動していく予定だが、この経験を糧にしてさらなる成長を遂げた先に、必ずやリベンジの機会が巡ってくるはずだ。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

取材◎杉浦多夢 写真◎菅原 淳

Related