男子シングルスはノーシード勢3人が準々決勝に進出 [インカレ2020]

写真は4回戦で激闘を演じた田形諒平(筑波大3年)と田口涼太郎(近畿大2年)

全日本学生テニス連盟が主催する「2020年度全日本学生テニス選手権大会(男子88回/女子64回)」(三重県四日市市・四日市テニスセンター/11月17~24日/ハードコート)の大会5日目は、男女シングルス4回戦と男女ダブルス3回戦などが行われた。

 男子シングルスはベスト8の顔ぶれが揃った。第1シードの今村昌倫(慶應義塾大4年)は筑波大2年の石榑元晴に第1セットを落とす苦しい展開から逆転勝ち。大会連覇まであと3勝と迫った。

 また、第3シードの田形諒平(筑波大学3年)と第16シードの田口涼太郎(近畿大2年)による“関東学生王者”vs“関西学生王者”の一戦は激しい打ち合いとなった。第1セットを田口、第2セットは田形がともに7-5で制する拮抗した試合は第3セットの10ポイントマッチタイブレークへ。

 3-3のチェンジエンド後に流れをつかんだのは田形だった。冷静に相手を見ながら思い切りのいいプレーで4連続ポイントを奪うと、最後は大きく振られたところから走りながらのフォアハンド。これがきれいにダウン・ザ・ラインへ決まり、周囲がどよめくほどのスーパーショットで試合を終わらせた。


地面に倒れ込みながらの強烈フォアハンドで勝負を決めた田形(写真◎松村真行)

 第1セットは守りに入りすぎたが、第2セット以降はポイントを自ら奪う場面も増え、それが最終セットのプレーにもつながった。「第1セットの流れをうまく断ち切れてよかった」とホッとした表情を浮かべた田形。2年連続のベスト8入りを決めた。

 そのほかシード勢では、2年前のファイナリストである羽澤慎治(慶應義塾大3年)に加え、白石光(早稲田大)、松田康希(関西大)の2年生2人が準々決勝に駒を進めた。

 ノーシードからは3人が8強入りを決めた。3回戦で第2シードの山尾玲貴(関西大4年)を破った中川舜祐(法政大3年)が濱口昌孝(亜細亜大3年)にストレート勝ちをおさめ、柚木武(法政大4年)は大野翼(関西大4年)との4年生同士の対戦に6-3 6-2と快勝。残る1枠は、初のインカレ出場となった白藤成(慶應義塾大2年)が名乗りを上げた。

 矢澤淳揮(法政大2年)との4回戦は、強風という悪条件を逆手にとったクレバーな戦いぶりを披露。強打を打ち込もうとする相手を「崩すことだけ考えた」プレーで6-1 6-4と快勝した。


堂々のベスト8入りを果たした白藤(写真◎BBM)

 以前、プロとして活動していた白藤は昨年9月に慶應義塾大へ。インカレは2年生の今回が初挑戦となる。選手時代はいいプレーをしなければという考えに捉われていたが、現在は「選手時代のプライドを捨て、もっと勝ちに執着できるようになった」と振り返る。次は同校対決であり、「4年生で先輩だけど “同い年”」の今村昌倫。大学からプロを目指す今村とプロから大学テニスに飛び込んだ白藤。両者の一戦にも注目したい。

 大会6日目の11月22日(日)は9時30分から始まり、男女シングルスと男女ダブルスの準々決勝が行われる予定となっている。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

取材◎中野恵太 写真◎松村真行、BBM

Related