イエストレムスカがドーピングの規則違反で暫定的な出場停止処分

写真は昨年のローマの大会でのデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)(Getty Images)

国際テニス連盟(ITF)が木曜日に公式サイトを更新し、女子テニス世界ランク29位のデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)がドーピング防止の規則に違反したため暫定的な出場停止処分を受けたと発表した。

 ITFによるとイエストレムスカは2020年11月24日に尿サンプルを提出したが、禁止薬物であるメステロロンの代謝物を含んでいることが判明した。これによりイエストレムスカは、1月7日から一時的に大会への出場を禁じられることになった。

 彼女はこの処分に異議を唱える権利を持っているが、まだアピールの手続きを行っていないとITFは説明した。

 イエストレムスカはツイッターに声明文を投稿して「私はいかなる競技力向上のための薬物や非合法なものを使ったことは決してないことを断固として表明します」と潔白を主張し、「その2週間前のリンツの大会で受けた検査では陰性だったので、私は仰天してショックを受けました」とコメントした。

 2020年シーズンのイエストレムスカはフェドカップ(現ビリー ジーン・キング・カップ)を含む13大会でプレーし、1月のアデレード(WTAプレミア/ハードコート)で準優勝するなど15勝12敗の戦績を残した。先月にはアラブ首長国連邦・ドバイで新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したが、回復して新シーズンに向けた準備に集中する予定であると報告していた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related