2019年USオープン女王アンドレスクが1年以上ぶりの復帰戦に勝利 [オーストラリアン・オープン]

写真はビアンカ・アンドレスク(カナダ)(Getty Images)

今年最初のグランドスラム大会となる「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/本戦2月8~21日/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第8シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)がラッキールーザーで本戦入りしたミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)を6-2 4-6 6-3で倒して1年以上ぶりの復帰戦を勝利で飾った。試合時間は2時間2分。

 グランドスラム本戦に5度目の出場となる20歳のアンドレスクは、初めてメインドローでプレーした2019年USオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)でグランドスラム初制覇を達成。2年前に参戦した全豪では予選を突破し、2回戦でアナスタシア・セバストワ(ラトビア)に3-6 6-3 2-6で敗れていた。

 2019年WTAファイナルズを最後に膝と足のケガのためにプレーしていなかったアンドレスクはメルボルンに到着してから検疫期間中に練習に出ることも許されない厳格な隔離生活を強いられ、復帰予定だったグランピアンズ・トロフィー(WTA500/ハードコート)を欠場して今大会に備えていた。

 アンドレスクは次のラウンドで、予選勝者のツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)を7-5 6-2で破って勝ち上がったシェイ・スーウェイ(台湾)と対戦する。

 そのほかの試合では第19シードのマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)、第27シードのオンス・ジャバー(チュニジア)、第32シードのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)、フィオナ・フェロ(フランス)、アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)、アナスタシア・ポタポワ(ロシア)、予選勝者のティメア・バボス(ハンガリー)、ラッキールーザーのアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)が2回戦に駒を進めた。

 第24シードのアリソン・リスク(アメリカ)はポタポワに2-6 1-6で敗れ、初戦でシードダウンを喫した。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー

女子シングルス1回戦|主な試合結果

○65ビアンカ・アンドレスク(カナダ)[8] 6-2 4-6 6-3 ●66ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)[LL]

○67シェイ・スーウェイ(台湾)7-5 6-2 ●68ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)[Q]

○73マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)[19] 2-6 7-5 7-5 ●74レベッカ・ピーターソン(スウェーデン)

○89オンス・ジャバー(チュニジア)[27] 6-3 3-6 6-4 ●90アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)

○92アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)[LL] 7-6(2) 6-4 ●91日比万葉(日本/グラムスリー)[Q] 

------

○106アナスタシア・ポタポワ(ロシア)6-2 6-1 ●105アリソン・リスク(アメリカ)[24]

○107ティメア・バボス(ハンガリー)[Q] 7-6(0) 6-4 ●108イザリン・ボナボントゥー(ベルギー)[LL]

○117フィオナ・フェロ(フランス)6-7(5) 6-2 6-4 ●118カテリーナ・シニアコバ(チェコ)

○121ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)[32] 6-2 7-6(5) ●122マルタ・コスチュク(ウクライナ)

○126アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)6-2 6-1 ●125土居美咲(日本/ミキハウス)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related