世界335位の予選勝者、19歳セルンドロがツアー本戦デビューで初優勝の快挙達成 [コルドバ・オープン]

写真は2018年オーストラリアン・オープンでのフアン マヌエル・セルンドロ(アルゼンチン)(Getty Images)

ATPツアー公式戦の「コルドバ・オープン」(ATP250/アルゼンチン・コルドバ/2月22~28日/賞金総額35万6035ドル/クレーコート)の男子シングルス決勝で、19歳のフアン マヌエル・セルンドロ(アルゼンチン)が第5シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を5-7 6-4 6-2で倒し、ATPツアー本戦デビューの大会でチャンピオンに輝いた。試合時間は1時間53分。

 ツアー本戦で初めてプレーした選手が優勝したのは、2004年5月のカサブランカ(ATPインターナショナルシリーズ/クレーコート)でのサンティアゴ・ベンチュラ(スペイン)以来の快挙となる。

 両者は今回が初対戦。セルンドロはプロの大会ではこれまでにITFツアー(シングルス3勝、ダブルス1勝)でしかタイトルを獲得したことがなく、今大会までに国際大会でトップ100の選手と対戦したのは2試合(1勝1敗)のみだった。

 世界ランク335位のセルンドロは予選3試合を勝ち抜いたあと、1回戦でチアゴ・ザイブチ ビルチ(ブラジル)を7-5 7-6(3)で、2回戦で第3シードのミオミル・キツマノビッチ(セルビア)を6-7(3) 7-5 6-2で、準々決勝で第7シードのチアゴ・モンテーロ(ブラジル)を6-2 2-6 6-3で、準決勝ではフェデリコ・コリア(アルゼンチン)を6-4 4-6 6-2で破って決勝進出を決めていた。

 2019年8月のキッツビューエル(ATP250/クレーコート)以来の決勝に臨んだ33歳のラモス ビノラスは、ツアー3勝目を目指していた。

 これに先立ち行われたダブルス決勝では、ラファエル・マトス/フェリペ・メリジェニ ロドリゲス アウベス(ともにブラジル)がロマン・アルネオド(モナコ)/ブノワ・ペール(フランス)とのノーシード対決を6-4 6-1で制した。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related