「辛かったと思うけど、後悔しないでほしい」大坂なおみの棄権を知った土居美咲 [フレンチ・オープン]

世界ランク37位のカサキナを苦しめたが、惜敗の土居美咲(ミキハウス)(Getty Images)

今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、ダリア・カサキナ(ロシア)に3-6 7-5 3-6で敗れた土居美咲(ミキハウス)が試合を振り返った。

 「勝ちにいったので、感情がまとまらなかった感じです。序盤は彼女のボールの軌道、タイミングに合わせるのに苦労した。第2セット中盤くらいから彼女のボールに対して中に入ってプレーができたことに手応えがあった。でも試合の中でアップダウンがあり、やりきれない部分もあるので、それを最初から最後まで通してもっとやれるよういならないといけない」

 終盤に相手の足が痙攣するほど追い込んだが、最後は振りきられた。

「彼女の動きが悪くなったのは感じていた。それだけ相手を振ることができればチャンスがあると思っていた。でも彼女も元々ディフェンスがうまく、高いボールを返したり、深く返してきて、こちらのミスも重なり、相手を苦しめることはできたけど、それで勝ちを掴みきることはできなかった」

 今後はヨーロッパに残り6月28日に開幕するウインブルドンに備える予定だという土居。6月6日に始まるノッティンガムの大会にもエントリーしている。

 4月30日にマドリッド・オープンで大坂なおみ(日清食品)と対戦したばかりの土居が、大坂の今大会からの棄権を知らされると信じられない様子だったが、自分なりの見解を示した。

「今、この場でも試合に負けたら会見をするのは、そんなに心地いいことではないです。今まで負けたときでも自分の気持ちを話す場があるのは、次に向かえる切り替えにもなるし、それも仕事のひとつとしてやってきた。ある意味義務としてやっていた部分もあります」

 選手にとってシーズンの中でも重要な目標であるグランドスラムからの棄権は、大きな驚きだという。

「彼女の立場になったことないのでうまく言えないですけど、なおみちゃんもこの大会で勝ち進むために一生懸命練習してきたはずなので、この決断に後悔しないかどうかがちょっと心配。すべての選手が、グランドスラムの素晴らしい大会の環境で勝つことを目標に一生懸命努力をして、勝つことも負けることもある舞台で戦っている。その場を戦う前に棄権せざるを得ないのはそれほど辛かったと思うけど、今回の決断を後悔しなければいいなと思います」(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related