「太陽が目に入って難しかった」父に続いてオリンピックデビューのシフィオンテクが初戦勝利 [東京2020]

東京の暑さと太陽に苦しんだシフィオンテク


 1年遅れでの開催となる世界的なスポーツの祭典「東京オリンピック2020テニス競技」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/7月24日~8月1日/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第8シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)がモナ・バーテル(ドイツ)を6-2 6-2で下した。

 練習と試合では大きな違いがあると感じた。

「すでに2日間はこのコートで練習したのに、試合になると全然違った。ストレスが大きくなるし、コート上の気温などコンディションも違うから、すべてが2倍くらいに感じられた。それでも2回戦に進めてよかった。気温が高いだけでなく、一方のコートからは太陽が目に入ってサービスを打つのが難しかった。トスの上げ方を変えるなどして早く対応しなければならず、本当に難しかった。ここでは状況に素早く対応できた選手が勝ち上がるんだと思う」

 ボート競技で1988年のソウルオリンピックに出場した父トマシュに続き、二世代でのオリンピックデビューとなった。

「父はいつもオリンピックについて話してくれた。そして実際にここへ来て経験してみて、すべてをうまくオーガナイズするのが物凄く難しいことを実感した。正直に言うと少しストレスは感じたけど、国を代表して戦えるこの舞台はすごく特別なもの」(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related