元世界4位バーテンズは現役最後のシングルスでボンドルソバに敗れる [東京2020]

写真は現役最後のシングルスをプレーしたキキ・バーテンズ(オランダ)(Getty Images)


 1年遅れでの開催となる世界的なスポーツの祭典「東京オリンピック2020テニス競技」(東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/7月24日~8月1日/ハードコート)が開幕し、初日は男女単複の1回戦が行われた。

 フレンチ・オープン準優勝者のアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)はメディカルタイムアウトの間にエアチューブを掴み、コートサイドの容器に氷がないことに苛立ちを見せた。

 モナ・バートル(ドイツ)はイガ・シフィオンテク(ポーランド)に敗れた試合で太陽の眩しさに悩まされ、トスを上げた際にボールを見ることができなくなったことで10本のダブルフォールトを犯した。

 オリンピックのテニス競技が土曜日に始まったとき、暑さと湿気はあっという間に大きな問題となった。気温は34度にまで上がり、湿気のせいで体感温度は38度以上だった。

「いい気分でないわ。だからまったく楽しめなかった」とパブリウチェンコワは振り返った。

 それでも第13シードのパブリウチェンコワはサラ・エラーニ(イタリア)を6-0 6-1で下し、2020年ロラン・ギャロス女王で第6シードのシフィオンテクはセンターコートの開幕試合で世界ランク172位のバートルを6-2 6-2で倒した。

 第16シードのキキ・バーテンズ(オランダ)は2019年フレンチ・オープン準優勝者のマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)に4-6 6-3 4-6で敗れ、キャリア最後のシングルスマッチを東京で終えた。元世界ランク4位のバーテンズは大会前、自身のインスタグラムを通して東京オリンピックが最後の大会となることを報告していた。

 そのほかの女子シングルスの試合では第8シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)、第9シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)、第14シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)、第15シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)らが2回戦に駒を進めた。

 女子ダブルスでは、第6シードのアシュリー・バーティ/ストーム・サンダース(オーストラリア)が日本の日比野菜緒(ブラス)/二宮真琴(エディオン)を6-1 6-2で退けた。

 ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)はマリア カミラ・オソリオ セラーノ(コロンビア)を6-4 6-1で破り、2回戦で第2シードの大坂なおみ(日清食品)とジェン・サイサイ(中国)の勝者と対戦することになった。

 地元選手として大きな期待を集める大坂とジェンの試合は当初センターコートの開幕試合となる予定だったが、金曜日の夜に行われた開会式で大坂は聖火に点火する大役を担うことになったことから日曜日に延期となっていた。(APライター◎アンドリュー・ダンプ/構成◎テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related