個人戦男子ダブルスは菅谷優作/有本響(慶應義塾)が小泉熙毅/須田悠仁(浦和麗明)を下して優勝 [北信越インターハイ]

写真は個人戦男子ダブルスで優勝を飾った菅谷優作(右)/有本響(神奈川・慶應義塾3年/3年)(撮影◎BBM)


 公益財団法人全国高等学校体育連盟などが主催する「全国高等学校総合体育大会テニス競技第78回全国高等学校対抗テニス大会第111回全国高等学校テニス選手権」(男女団体8月2~4日、男女個人戦:8月5~8日/長野県松本市・浅間温泉庭球公園、やまびこドーム、信州スカイパーク庭球場/砂入り人工芝コート)の個人戦男子ダブルス決勝で、菅谷優作/有本響(神奈川・慶應義塾3年/3年)が小泉熙毅/須田悠仁(埼玉・浦和麗明3年/3年)を6-4 7-6(3)で下して優勝を飾った。

 今大会での菅谷/有本は1回戦で根門寿尚/坂口康太(滋賀・光泉カトリック2年/2年)を7-5で、2回戦で吉村有平/伊藤樹汰(静岡・静岡市立2年/1年)を6-4で、3回戦で原田和哉/大神照太(鹿児島・鳳凰3年/2年)を8-2で、準々決勝で玉城勇稀/岡崎奎太(沖縄・沖縄尚学3年/3年)を9-7で、準決勝では石川真輝/山田矢音(東京・東海大菅生3年/2年)を8-5で破って決勝進出を決めていた。

 小泉はこれに先立ち行われた男子シングルス決勝で田中佑(神奈川・湘南工大附3年)を4-6 6-4 [10-4]で倒していたが、単複2冠はならなかった。

 個人の部は単複ともにトーナメントで争われ、単複ともに2回戦まで1セットマッチ(6-6後はタイブレーク採用)、3回戦から準決勝まで8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレーク採用)、決勝のみ3セットマッチ(最終セットは10ポイントマッチタイブレーク)で行うことを原則としている。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、丸数字は学年

男子ダブルス決勝

○8菅谷優作③/有本響③(神奈川・慶應義塾)6-4 7-6(3) ●33小泉熙毅③/須田悠仁③(埼玉・浦和麗明)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

撮影◎BBM

Related