復活の兆しを見せるコキナキスが第2シード撃破で初のATPツアー2大会連続8強入り「このところは身体的に最高の状態」 [アデレード国際2]

写真はタナシ・コキナキス(オーストラリア)(Getty Images)


 ATPツアー公式戦の「アデレード国際2」(ATP250/オーストラリア・南オーストラリア州アデレード/1月10~15日/賞金総額49万3875ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、第3シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)がジャンルカ・マーゲル(イタリア)を7-5 6-3で下してベスト8に進出した。

 同地で開催された前週の大会では決勝でガエル・モンフィス(フランス)に敗れはしたが準優勝を飾ったハチャノフは、引き続き好調さをキープした。ハチャノフは準々決勝で、クォン・スンウ(韓国)を5-7 6-3 6-2で破って勝ち上がったアルトゥール・リンデルネック(フランス)と対戦する。

 ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した地元選手のタナシ・コキナキス(オーストラリア)は第2シードのジョン・イズナー(アメリカ)に6-7(5) 7-6(5) 7-6(4)で競り勝ち、シードダウンを演じて8強入りを決めた。

 かつて有望な若手として注目されながら数年に渡ってケガに苦しめられてきたコキナキスは世界ランク145位と低迷しているが、この1年でじわじわと復帰の過程を辿ってきた。

 試合に先立ち「イズナーはツアー最高のサーバーのひとりだ。何度かチャンスを得られるよう願うよ。そしてチャンスがきたらそれを掴む準備ができているようでなければならない」と話していたコキナキスは、約1時間かかった第1セットで5度ブレークチャンスを手にしながらそれをものにできなかった。しかし自分のサービスゲームでは一度もブレークポイントを与えずキープし続け、残り2セットのタイブレークではラリーで打ち勝って重要な勝利をもぎ取った。

 コキナキスは激戦を制したあと、「本当にうれしいよ。言うまでもなく、非常に厳しい試合になることはわかっていたからね。3セットを通してかなりいいプレーができていたと思う。自分のサービスゲームでブレークポイントは与えなかった。つまり自分のやるべきことはしっかりやっていたってことだ」と喜びを吐露した。

「長い試合になったけど、気分はいいよ。僕はこのところ、身体的に最高の状態にある。オフシーズンに凄くいい準備をしたおかげで状態がよくなったんだ。最終的には毎日このようなコンディションでいられるようにしたいね」とコキナキスは語り、充実感を滲ませた。

 ツアー大会で初めて2大会連続8強入りしたコキナキスは、オーストラリアン・オープンでもワイルドカードを受け取っている。彼は前週のアデレードでもプレーし、準決勝で最終的にチャンピオンとなったモンフィスに敗れていた。

 そのモンフィスは第1シードとして初戦に臨んだが、ラッキールーザー(予選決勝で敗れたが欠場者が出たため本戦出場権を得た選手)のチアゴ・モンテーロ(ブラジル)に対して7-6(2) 3-6 0-1となったところで棄権した。

 第1セットのタイブレークではチャンスがあればネットに出るアグレッシブなプレーで圧倒したモンフィスだったが、第2セットではトレーナーを呼んで首のマッサージを受けるなど序盤から身体に問題があるサインを見せ始め、第3セット第1ゲームを落としたところでリタイアを決めた。

 モンテーロは準々決勝で、予選勝者ながら第8シードのマートン・フチョビッチ(ハンガリー)を6-2 6-2で倒して勝ち上がったコランタン・ムーテ(フランス)と対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related