加藤未唯/ワン・シンユーが第1シードペアに対する準決勝へ [タリン・オープン]

写真は東レPPOでの加藤未唯(左)/ワン・シンユー(ザイマックス/中国)(撮影◎菅原淳)


 WTAツアー公式戦「タリン・オープン」(WTA250/エストニア・タリン/9月26日~10月2日/賞金総額25万1750ドル/室内ハードコート)の女子ダブルス準々決勝で、加藤未唯(ザイマックス)/ワン・シンユー(中国)がジェシカ・ポンシェ(フランス)/オリビア・タンドラモリア(オーストラリア)を6-2 7-5で倒してベスト4進出を決めた。試合時間は1時間13分。

 ワンと加藤のコンビは、今回が2度目のダブルス出場。初めてペアを組んだ前週の東京(WTA500/ハードコート)では、初戦敗退に終わっていた。

 今大会での加藤/ワンは1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)を得て参戦したエレナ・マルギナ/メイリーン・ヌーディ(ともにエストニア)を2-6 6-1 [10-4]で破り、同ペアでの初勝利を挙げていた。

 加藤/ワンは次のラウンドで、第1シードのニコール・メリカ マルチネス(アメリカ)/ラウラ・シグムンド(ドイツ)と対戦する。メリカ マルチネス/シグムンドは準々決勝で、アンナ レナ・フリードサム(ドイツ)/ヴィクトリア・クズモバ(スロバキア)を6-4 6-2で下して勝ち上がった。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


撮影◎菅原淳

Pick up


Related

Ranking of articles