天然芝のグラスコートでトップ選手たちがプレーできるのは年間で約2カ月と短いが、この時期にイギリスでテニスが脚光を浴びる。スタジアムに名前を付けないウインブルドンに加えてバーミンガム、イーストボーンはいずれも100年以上の歴史と伝統を誇る。※2019年末、編集部作成


   ◆   ◆   ◆


All England Lawn Tennis and Croquet Club
Centre Court

2019年ウインブルドン決勝のロジャー・フェデラー対ノバク・ジョコビッチ


センターコート


開場:1922年 収容人数:15,000人 サーフェス:天然芝

主な大会:ウインブルドン、ロンドンオリンピック

住所:Church Rd, Wimbledon, London SW19 5AE

ウインブルドンが開催される、ザ・オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケークラブのセンターコート。完成当時は施設の中央になかったが、その後周囲にコートがつくられ、文字通りセンターコートになった。1940年にドイツ軍の空爆で1200席が破壊された過去もあり、何度も改修されてきた。2009年に開閉式屋根を増設。施設内には天然芝18面、クレー8面、人工芝2面、室内5面がある。天然芝コートの使用期間は6月から9月。2019年8月より改修工事が行われている



No.1 Court

2019年5月19日、リニューアル・オープン記念に行われたキム・クライシュテルス対セレナ・ウイリアムズ


ナンバー1コート


完成:1997年 収容人数:12,345人 サーフェス:天然芝

主な大会:ウインブルドン、デビスカップ

住所:Church Rd, Wimbledon, London SW19 5AE

元祖は1924年、センターコートの西側に建てられ、当時は3250人、のちに7328人を収容できた。現在のものはセンターコート北側にあるアオランギパーク内にある。2019年に開閉式屋根が完成した。他国はレジェンドの名前が付けられることが多い中、呼称は伝統の数字のみ



No.2 Court

2014年のNo.2コート


ナンバー2コート


開場:2009年 収容人数:4,000人 サーフェス:天然芝

主な大会:ウインブルドン

住所:Church Rd, Wimbledon, London SW19 5AE

2009年に現在のナンバー2コートが完成し、それまでの2192人収容のナンバー2コートがナンバー3コートに変更された



O2 Arena

2019年11月11日、ATPツアーファイナルズのステファノス・チチパス対ダニール・メドベジェフ


O2アリーナ


開場:2007年 収容人数:20,000人 サーフェス:インドアハード

主な大会:ATPツアーファイナルズ

住所:Drawdock Road North Greenwich London, SE10 0BB

ロンドンの娯楽施設The O2内にある多目的アリーナ。ロンドン五輪、ライブ、NBA、NHL、ダーツや格闘技などを開催。2009年から2020年までATPツアーファイナルズが開催される



The Queen's Club

2019年6月23日、フィーバーツリー選手権の男子ダブルス決勝アンディ・マレー/フェリシアーノ・ロペス対ラジーブ・ラム対ジョー・ソールズベリ―


ザ・クイーンズ・クラブ


開場:1887年 収容人数:6,479人 サーフェス:天然芝

主な大会:フィーバーツリー選手権

住所:Palliser Rd, Hammersmith, London W14 9EQ

1886年に創設された、現在は25のスポーツが行われる会員制スポーツクラブのセンターコート。何度も改修を経て、現在のブルーのスタンドが完成した。天然芝12面、インドア10面(ハード8面、クレー2面)、クレー6面、ハード5面、砂入り人工芝4面のテニスコートを誇る

Devonshire Park Tennis Club

2019年6月28日、ネイチャーバレー国際準決勝のカロリーナ・プリスコバ対キキ・バーテンズ


デボンシャーパーク・テニスクラブ


開場:1879年 収容人数:8,000人 サーフェス:天然芝

主な大会:ネイチャーバレー国際(イーストボーン)、フェドカップ

住所:College Road Eastbourne East Sussex BN21 4JJ

クラブは1881年創設。1874年にクリケットグラウンドとして開場し、1879年にテニスコートができた。2016年に大幅な改修計画が発表された



Nottingham Tennis Centre

2019年6月14日、ネイチャーバレー・オープンのクリスティナ・ムラデノビッチ対ドナ・ベキッチ


ノッティンガム・テニスセンター


開場:1990年 収容人数:1,200人 サーフェス:天然芝

主な大会:ネイチャーバレー・オープン

住所:University Boulevard, Nottingham, Nottinghamshire, NG7 2QH

屋外の天然芝、屋内の人工芝コートを多数備えたノッティンガム市の施設



Ann Jones

2019年6月22日、ネイチャーバレー・クラシック準決勝のアシュリー・バーティ対バーボラ・ストリコバ


アン・ジョーンズ


開場:1878年 収容人数:2,500人 サーフェス:天然芝

主な大会:ネイチャーバレー・クラシック

住所:Sir Harrys Road Edgbaston Birmingham B15 2UZ

エッジバストン・プライオリー・クラブのセンターコート。1960年代にグランドスラム2度の優勝など大活躍したレジェンドの名からとっている。32面のテニスコート(ハード、天然芝、屋内外)、スカッシュコート10面、屋内外プールを備えたスポーツクラブにある

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録