USTAがムラデノビッチを女子ダブルスから除外、バボスとのペアで第1シード [USオープン]

今年ふたつ目となるグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月31日~9月13日/ハードコート)の大会6日目は、ボトムハーフの男女シングルス3回戦と男女ダブルス2回戦が行われている。

 クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)とパートナーのティメア・バボス(ハンガリー)がニューヨーク州ナッソー郡の公衆衛生局の担当者から検疫を通知されたあと、女子ダブルスの競技から除外された。

 バボス/ムラデノビッチ今年のオーストラリアン・オープン女子ダブルスを制した強豪ペアで、今大会には第1シードとして参戦して初戦を勝ち上がっていた。

USオープン2020|トーナメント表

 全米テニス協会(USTA)は土曜日に彼女たちの強制的な離脱について発表し、「政府の指示に従う義務がある」と説明した。

 今大会の新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で選手として唯一陽性だったブノワ・ペール(フランス)と接触していたムラデノビッチは、特別な制限を課されて監視下に置かれていた7人の選手のひとりだった。

 ムラデノビッチはペールと1度一緒に練習したほか、ホテルのロビーで他の数人の選手とトランプをしたのだという。ムラデノビッチはそのあと何度もPCR検査を受けたが、すべて陰性だった。

 シングルスで試合を続けることを許されていたムラデノビッチは1回戦には勝ったが、バルバラ・グラチェワ(ロシア)との2回戦で6-1 5-1のリードをフイにして逆転負けを喫していた。

 USTAによれば新しい検疫命令が出たということは、「感染したプレーヤーと長い時間密接な接触をしたと見なされた選手は、残りの検疫期間中に自分の部屋で隔離を行わなければならない」ということを意味するのだという。

 前日にもやはりペールと接触したとみなされた第32シードのアドリアン・マナリノ(フランス)に試合をする権利があるかが明らかにならず、第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)との3回戦の開始が遅れるという事態が起きていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はオーストラリアン・オープン女子ダブルス表彰式でのティメア・バボス(ハンガリー/左)とクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)(Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録