ジョコビッチが会心の勝利で準決勝へ、前年覇者メドベージェフは敗退 [ウェスタン&サザン・オープン]

ATPツアー公式戦の「ウェスタン&サザン・オープン」(ATP1000/アメリカ・ニューヨーク/8月22~28日/賞金総額467万4780ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を6-3 6-1で退け4強入りを決めた。

 アンフォーストエラーは12本ほどしかなく、風の強いコンディションの中ですべてのショットは冴えわたっていた。世界ランク1位のジョコビッチが準決勝に進出する過程で、そのテニスのすべてはうまく機能していた。

 2試合連続でシード選手を倒してきたストルフに快勝した試合の間、ジョコビッチは首の軋みや渦巻く風に何の問題も抱えていなかった。それははっきりと、今大会で彼が見せた最高のパフォーマンスだった。

ウェスタン&サザン・オープン2020|PHOTOアルバム

 公式戦から長く離れていたにもかかわらず、ここまでのところ彼に錆び付いている様子はない。

「たっぷり時間があったから、ここ6ヵ月ですべてに磨きをかけたんだ」とジョコビッチは明かした。「ありとあらゆることを向上させようと取り組んだよ。休止後にこれほど早くそれが成果を生むなんて素晴らしいね」。

 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによりツアーが中断している間、ジョコビッチは6月にセルビアとクロアチアで自身が主催したチャリティ大会に出場し、ウイルス検査で陽性と診断された。その大会はソーシャルディスタンスなどコロナ関連の予防措置が取られておらず、複数の感染者を出して非難された。

 初戦となる2回戦で予選勝者のリカルダス・ベランキス(リトアニア)に7-6(2) 6-4で勝った試合の間、ジョコビッチは首に痛みを訴え2度に渡ってトレーナーによるマッサージを受け、7本のダブルフォールトを犯していた。首の状態は改善し、同時に彼のテニスの調子もよくなった。

「現時点で心配はない。まだ100%ではないけど、それに近づいてきている。日に日に首が動く範囲は広がってきているから、不満はないよ」と彼は説明した。

 ジョコビッチは次のラウンドで、第8シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)と対戦する。バウティスタ アグートはその前に行われた試合で、ディフェンディング・チャンピオンで第3シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)を1-6 6-4 6-3で倒していた。

 メドベージェフは第2セットでとどめを刺すことに失敗し、バウティスタ アグートが巻き返しに成功して勝利をおさめた。

 これによりUSオープンのウォームアップ大会でもあるこの大会から、またもトッププレーヤーが姿を消すことになった。勝ち残っている選手の中でATPマスターズ1000の大会での優勝経験があるのは、もはやジョコビッチだけだ。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録