プイユが右肘の手術を決断、ロラン・ギャロス出場に疑問符

右肘の痛みに悩ませられ続けているルカ・プイユ(フランス)が、パリで手術を受けることを決めた。これによりUSオープン欠場は必至となり、フレンチ・オープン出場も危うくなった。

 火曜日にツイッターを更新したプイユは、「肘に手術を受けなければならなくなった。大規模なものではないが今月にパリで行う予定で、これは痛みなくプレーするためには最良の決断だ。今季中に復帰でいるよう願う。応援ありがとう」と報告した。

 多くの専門家に相談した結果、プイユはそれが最良との結論に達したのだという。最初に痛みを感じたのは2019年9月だったが、プイユは休息とリハビリで改善されると信じていた。しかし12月のサウジアラビアでのエキシビションの際に痛みが再発し、プイユはオーストラリアン・オープン出場を断念した。その後はインディアンウェルズでの復帰を目指していたが、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックでツアーは休止となった。

 しっかり休んだあとの6月にプイユは南フランスのムラトグルー・テニスアカデミーで開催された非公式大会「アルティメット・テニス・ショーダウン(UTS)」に出場したが、ふたたび痛みを感じて棄権していた。彼はストロークは打てるがサービスできない状態だったため、専門医に相談した末に今回の決断に至った。

 全治に必要な時間は6~8週間と見られ、USオープン(8月31日~9月13日)とフレンチ・オープン(9月27日~10月11日)の出場は危うくなった。プイユは上記のメッセージの通り、シーズン最後の期間に復帰できるよう願っている。(テニスマガジン)

※写真は昨年のシンシナティの大会でのルカ・プイユ(フランス)(Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録