国際テニス連盟がITFワールドテニスツアーの8月再開を発表

国際テニス連盟(ITF)が水曜日、8月からITFワールドテニスツアーを再開することを発表した。女子大会が8月3日から、男子大会は17日からとなり、いずれもシングルス予選、シングルスとダブルスの本戦が実施される。

 これはUSオープン無観客開催とフレンチ・オープン日程再編が決定されたあと、ATP(男子プロテニス協会)とWTA(女子テニス協会)が「暫定」カレンダーと呼ばれるものを発行したことに追従するものとなる。ITFは現在、8月3日から9月27日までのITFワールドテニスツアーの暫定カレンダーをまとめている。

 また現時点で予定されている国際競技の再開は男女のITFワールドテニスツアーのみとなっており、ジュニア、車いすテニス、ビーチテニス、ITFシニアツアーに関してはこれから決定されていくことになる。

 ITFのデビッド・ハガティ会長は公式サイトに公開された記事の中で、「新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは我々のスポーツにとって困難な時期でした。今後も課題があることを理解しながら、8月に再開できることをうれしく思います」と語り、「すべての関係者の健康と安全を守ることを前提に、アスリートたちが稼ぐ機会をできるだけ早く回復することはこの期間中の優先事項でした」と説明した。(テニスマガジン)

※写真はイメージ(Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録