「楽天ジャパンオープン」(ATP500/東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ/本戦10月1~7日/賞金総額192万8580ドル/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、綿貫陽介(日清食品)がロビン・ハッサ(オランダ)を6-7(7) 6-4 6-1で破り、初戦突破を果たした。試合時間は2時間。

 今大会に3年連続出場となる綿貫は、予選2試合を勝ち抜き初の本戦入り。過去2回は、いずれも予選1回戦で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。20歳の綿貫は、やはり予選を勝ち上がった7月のワシントンDC(ATP500/ハードコート)に続くATPツアー本戦の舞台で、初のマッチ勝利を挙げた。

 綿貫は2回戦で、第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦する。ラオニッチは1回戦で、前年準優勝のアドリアン・マナリノ(フランス)を6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真は綿貫陽介(日清食品)
CHOFU, JAPAN - OCTOBER 01: Yosuke Watanuki of Japan serves in the singles first round against Robin Haase of the Netherlands on day one of the Rakuten Open at Musashino Forest Sports Plaza on October 01, 2018 in Chofu, Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.