九州学生テニス連盟が主催する「2019年 九州学生新進テニストーナメント」(福岡県春日市・春日公園テニスコート/本戦3月11~16日/砂入り人工芝コート)は大会最終日を迎え、男女単複の決勝が行われた。

 男子シングルス決勝は第5シードの岡村浩太(鹿屋体育大学3年)が第4シードの浦修平(崇城大学3年)を6-2 6-4で、女子シングルス決勝は第3シードの大津あかり(鹿屋体育大学1年)が第5シードの内田朱音(西南学院大学1年)を4-6 6-2 6-3で下し、それぞれ優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は第4シードの浅田幸輝/田代翔(鹿屋体育大学2年/2年)が第2シードの伊南陽介/豊國想太(九州大学2年/2年)を6-4 6-2で、女子ダブルス決勝は第1シードの岡崎亜美(鹿屋体育大学1年)/大津が第2シードの内田/吉田伽帆(西南学院大学1年)を6-0 6-0で倒してタイトルを獲得。大津は単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○33岡村浩太(鹿屋体育大学3年)[5] 6-2 6-4 ●17浦修平(崇城大学3年)[4]

女子シングルス決勝

○9大津あかり(鹿屋体育大学1年)[3] 4-6 6-2 6-3 ●17内田朱音(西南学院大学1年)[5]

男子ダブルス決勝

○9浅田幸輝/田代翔(鹿屋体育大学2年/2年)[4] 6-4 6-2 ●32伊南陽介/豊國想太(九州大学2年/2年)[2]

女子ダブルス決勝

○1岡崎亜美/大津あかり(鹿屋体育大学1年/1年)[1] 6-0 6-0 ●16内田朱音/吉田伽帆(西南学院大学1年/1年)[2]

画像: 男子ダブルス優勝の浅田幸輝(左)/田代翔(鹿屋体育大学2年/2年)(写真提供◎九州学生テニス連盟)

男子ダブルス優勝の浅田幸輝(左)/田代翔(鹿屋体育大学2年/2年)(写真提供◎九州学生テニス連盟)

画像: 女子ダブルス優勝の岡崎亜美(右)/大津あかり(鹿屋体育大学1年/1年)(写真提供◎九州学生テニス連盟)

女子ダブルス優勝の岡崎亜美(右)/大津あかり(鹿屋体育大学1年/1年)(写真提供◎九州学生テニス連盟)

※トップ写真はシングルス優勝の岡村浩太(鹿屋体育大学3年/左)と大津あかり(鹿屋体育大学1年/右)
写真提供◎九州学生テニス連盟

This article is a sponsored article by
''.