妊娠と出産のためにツアーから離れていた元ダブルス世界ランク1位のサーニャ・ミルザ(インド)が、約2年の休養を経て復帰する意向を表明した。

 2017年10月に北京(WTAプレミア・マンダトリーハードコート)の準決勝で敗れてからプレーしていなかったミルザは、ナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)とペアを組んで2020年1月のホバート国際に出場し、オーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)でもプレーする予定だと明かした。

 ミルザはマルチナ・ヒンギス(スイス)と組んでグランドスラムの女子ダブルスで3勝(2015年ウインブルドン&全米、16年全豪)を挙げ、ミックスダブルスでも3度(2009年全豪、12年全仏、14年全米)栄冠に輝いた。

 2010年にパキスタンのクリケット選手と結婚したミルザは、昨年10月に第1子となる息子イザーンを出産した。

※写真は2016年にダブルスの年間世界ナンバーワンに輝いたサーニャ・ミルザ(インド)
SINGAPORE - OCTOBER 25: WTA Year-End World No.1 Doubles player Sania Mirza of India poses during day 3 of the BNP Paribas WTA Finals Singapore at Singapore Sports Hub on October 25, 2016 in Singapore. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.