今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の女子ダブルス2回戦に進出していた第10シードの青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)が、ダニエル・コリンズ(アメリカ)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)の棄権による不戦勝で16強入りを決めた。

 柴原と青山のコンビは、今大会が9度目のダブルス出場。昨年は6大会で3度決勝に進出し、10月には天津(WTAインターナショナル/ハードコート)とモスクワ(WTAプレミア/室内ハードコート)でタイトルを獲得した。同ペアでグランドスラムに参戦するのは、今回が初となる。

オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

 今大会での青山/柴原は、1回戦でグリート・ミネン/アリソン・バン ウィトバンク(ともにベルギー)を7-5 7-6(2)で破って同ペアでのグランドスラム初戦を勝利で飾っていた。

 両親ともに日本人ながら南カリフォルニアで生まれ育った柴原は、昨年6月に国籍登録をアメリカから日本に変更した。ジュニア時代の柴原は、ジェイダ・ハート(アメリカ)とのコンビで臨んだ2016年USオープン・ジュニアのダブルスで優勝した実績を持っている。

 青山/柴原は3回戦で、第8シードのクベタ・ペシュク(チェコ)/デミ・シヒュース(オランダ)と10代ペアのコリ・ガウフ/キャサリン・マクナリー(ともにアメリカ)の勝者と対戦する。

※写真は1回戦での青山修子(右)/柴原瑛菜(近藤乳業/橋本総業ホールディングス)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 23: Shuko Aoyama and Ena Shibahara of Japan talk tactics during their Women's Doubles first round match against Greet Minnen and Alison Van Uytvanck of Belgium on day four of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 23, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.