男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten」ファイナルズ(スペイン・マドリッド/11月18~24日/室内ハードコート)の組み合わせ抽選が行われ、6つのグループ分けが決定した。

 デビスカップは昨年から、新フォーマットに変更されている。新たに改革されたフォーマットは、国際テニス連盟(ITF)と、スペインのサッカー選手ジェラール・ピケによって設立された投資団体「コスモス」の協力によって開発された。

 ファイナルズでは18ヵ国が3チームによる6グループに別れて総当たり戦を行い、各グループの1位と、2位にの中でもっとも成績のいい2チームが決勝トーナメントに進出して優勝チームを決定する。試合はベスト・オブ・3セットマッチで行われ、シングルス2試合とダブルス1試合で争われる。

 今年の予選ラウンド(3月6、7日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)でエクアドルと対戦した日本は、0勝3敗で敗れてファイナルズ進出を逃していた。

2020デビスカップ by Rakuten ファイナルズ|トーナメント表

※[ ]数字はシード順位

デビスカップ・ファイナルズ|グループ分け

プールA:スペイン[1]、ロシア、エクアドル

プールB:カナダ[2]、カザフスタン、スウェーデン

プールC:フランス[3]、イギリス、チェコ

プールD:クロアチア[4]、オーストラリア、ハンガリー

プールE:アメリカ[5]、イタリア、コロンビア

プールF:セルビア[6]、ドイツ、オーストリア

※写真は昨年のデビスカップ・ファイナルズで優勝を果たしたスペイン代表チーム(左からマルセル・グラノイェルス、フェリシアーノ・ロペス、パブロ・カレーニョ ブスタ、ロベルト・バウティスタ アグート、ラファエル・ナダル、セルジ・ブルゲラ監督)
MADRID, SPAIN - NOVEMBER 24: Roberto Bautista Agut of Spain (C) and team mates celebrate with the trophy following victory in the Final between Spain and Canada during Day Seven of the 2019 David Cup at La Caja Magica on November 24, 2019 in Madrid, Spain. (Photo by Alex Pantling/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.