フランス・ヴィルヌーヴ ルベで開催されたエキシビション大会「チャレンジエリートFFT」の女子シングルス決勝で、世界ランク242位のアルモニー・タン(フランス)が同59位のアリゼ・コルネ(フランス)を7-6(6) 6-3で下してチャンピオンに輝いた。

 この大会はフランス国内の選手に実戦経験を積む場を与えるためにフランステニス連盟(FFT)が企画し、すでに終了したニースとカンヌを合わせた計3大会で構成されている。

 女子の部は12人の選手が4つのグループに分かれてラウンドロビン(グループ内総当たり戦)を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに勝ち進むという形式で争われた。ふたりはグループBの初戦で対戦しており、コルネが6-2 6-3で勝っていた。

 男子の部は24人参加で行われ、決勝は世界54位のジル・シモン(フランス)が同350位のマキシム・アムー(フランス)を6-2 6-1で退けシリーズ2勝目を挙げた。

 シモンはニース大会で優勝していたが、続くカンヌ大会ではラウンドロビンで敗れて決勝トーナメント進出を逃していた。

 男女のプロテニスツアーは新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより3月途中から中断しており、8月から再開することが決まっている。(テニスマガジン)

※写真はアデレードの大会でのジル・シモン(フランス)(Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.