WTAツアー公式戦の「ウェスタン&サザン・オープン」(プレミア5/ハードコート)が水曜日にエントリーリストを公開し、トップ30から21人が名を連ねた。

 その一方で世界ランク1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)、2位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)、5位のエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、6位のビアンカ・アンドレスク(カナダ)、10位の大坂なおみ(日清食品)の名前はなく、トップ10からは5人の出場となった。

 この大会は本来であればオハイオ州シンシナティで開催されるが、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの影響で今年は例外的にUSオープン(8月31日~9月13日)の会場であるUSTAビリー ジーン・キング・ナショナルテニスセンターで8月20~28日に行われる予定になっている。

 全米テニス協会(USTA)は国内の他地区で感染の状況が悪化して海外渡航に関わる疑問が漂う中、ニューヨークで2大会を連続して開催することを予定している。(テニスマガジン)

※写真は昨年のシンシナティの大会の記者会見での大坂なおみ(日清食品)(Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.