トップ2シードのスビトリーナとコンタが準決勝に進出 [GNP保険オープン]

WTAツアー公式戦の「GNP保険オープン」(WTAインターナショナル/メキシコ・ヌエボ レオン州モンテレイ/3月2~8日/賞金総額27万5000ドル/ハードコート)の女子シングルス準々決勝が行われ、第1シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、第2シードのジョハナ・コンタ(イギリス)、第9シードのマリー・ブーズコバ(チェコ)、アランチャ・ラス(オランダ)がベスト4に進出した。

WTAツアー2020表彰写真|PHOTOアルバム

 スビトリーナが17歳のレイラ・フェルナンデス(カナダ)を6-4 7-5で、コンタがアナスタシア・ポタポワ(ロシア)を6-7(6) 6-3 7-6(7)で、ブーズコバが第8シードのワン・ヤファン(中国)を6-2 7-5で、ラスは第6シードのレベッカ・ピーターソン(スウェーデン)を6-1 6-1で破っての勝ち上がり。

 準決勝では、スビトリーナがラスと、コンタはブーズコバと対戦する。

※写真はドーハの大会でのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)
DOHA, QATAR - FEBRUARY 24: Elina Svitolina of Ukraine returns a forehand against Amanda Anisimova of USA during Day 2 of the WTA Qatar Total Open 2020 at Khalifa International Tennis and Squash Complex on February 24, 2020 in Doha, Qatar. (Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録