ワトソンがツアー4勝目、17歳フェルナンデスは予選から準優勝 [メキシコ・オープン]

WTAツアー公式戦の「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」(WTAインターナショナル/メキシコ・アカプルコ/2月24~29日/賞金総額27万5000ドル/ハードコート)の女子シングルス決勝で、第7シードのヘザー・ワトソン(イギリス)が予選から勝ち上がってきたレイラ・フェルナンデス(カナダ)を6-4 6-7(8) 6-1で倒し、今季初優勝を飾った。試合時間は2時間46分。

 27歳のワトソンがWTAツアーのシングルスでタイトルを獲得したのは、2016年3月のモンテレイ(WTAインターナショナル/ハードコート)以来で4度目となる。

アビエルト・メキシカーノ・テルセル2020|PHOTOアルバム

 この結果でワトソンは、フェルナンデスとの対戦成績を3勝0敗とした。昨年は8月にバンクーバー(W60/ハードコート)の準決勝で対戦し、ワトソンが7-6(4) 6-2で勝っていた。

 今大会でのワトソンは、1回戦でココ・バンダウェイ(アメリカ)を4-6 6-4 6-4で、2回戦でカテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)を7-6(2) 6-2で、準々決勝でクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)を6-3 1-6 6-1で、準決勝では予選勝者で18歳のワン・シユ(中国)を6-4 7-6(6)で破って決勝進出を決めていた。

 17歳のフェルナンデスは昨年の全仏ジュニアで優勝を果たし、同年9月にはジュニア世界ランク1位の座に就いていた。ツアーレベルの大会の本戦でプレーするのは今回が4度目で、2018年9月のケベックシティ(WTAインターナショナル/室内カーペットコート)での2回戦進出がこれまでの最高成績だった。

 ダブルス決勝も行われ、第2シードのデザレー・クラブチェク(アメリカ)/ジュリアーナ・オルモス(メキシコ)がボンダレンコ/シャロン・フィッチマン(カナダ)を6-3 7-6(5)で下して大会を制した。

女子ダブルス優勝のデザレー・クラブチェク(アメリカ/左)とジュリアーナ・オルモス(メキシコ)
ACAPULCO, MEXICO - FEBRUARY 29: Giuliana Olmos of Mexico and Desirae Krawczyk of USA celebrate with their trophys after their victory during the singles as part of the ATP Mexican Open 2020 Day 6 at Princess Mundo Imperial on February 29, 2020 in Acapulco, Mexico. (Photo by Regina Cortina/Jam Media/Getty Images)

※トップ写真は女子シングルスで優勝を果たしたヘザー・ワトソン(イギリス/右)と準優勝のレイラ・フェルナンデス(カナダ)
ACAPULCO, MEXICO - FEBRUARY 29: (L-R) Leylah Fernandez of Canada and Heather Watson of Great Britain pose with their trophies after the singles match between Leylah Fernandez of Canada and Heather Watson of Great Britain as part of the ATP Mexican Open 2020 Day 6 at Princess Mundo Imperial on February 29, 2020 in Acapulco, Mexico. (Photo by Hector Vivas/Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録