日比野菜緒は8強に進めず [メキシコ・オープン]

WTAツアー公式戦の「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」(WTAインターナショナル/メキシコ・アカプルコ/2月24~29日/賞金総額27万5000ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、第8シードの日比野菜緒(ブラス)は予選から勝ち上がってきた17歳のレイラ・フェルナンデス(カナダ)に3-6 0-6で敗れた。試合時間は1時間4分。

 今大会に5年ぶりの出場となる25歳の日比野は、シード選手として初の本戦入り。初参戦だった2015年は、予選1回戦で尾﨑里紗(江崎グリコ)に6-7(4) 5-7で敗れていた。

2020年海外ツアー日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 2週間前にホアヒン(WTAインターナショナル/ハードコート)でプレーした日比野は、準々決勝で世界ランク4位だったエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を6-4 6-2で倒す金星を挙げて今季の自己最高成績をマークしていた。

 この結果でフェルナンデスは、日比野との対戦成績を3勝1敗とした。昨年7月と8月にフェルナンデスが2連勝したあと、9月の広島(WTAインターナショナル/ハードコート)の1回戦で日比野が6-7(2) 7-6(5) 7-5で勝っていた。

 17歳のフェルナンデスは昨年の全仏ジュニアで優勝を果たし、同年9月にはジュニア世界ランク1位の座に就いていた。

 今大会での日比野は、1回戦でアランチャ・ラス(オランダ)を6-3 6-1で退け大会初勝利を挙げていた。

 フェルナンデスは準々決勝で、アナスタシア・ポタポワ(ロシア)と対戦する。ポタポワは2回戦で、タチアナ・マリア(ドイツ)を6-3 6-3で下しての勝ち上がり。

 日比野はヘザー・ワトソン(イギリス)とのペアでダブルスにも出場しており、前日に行われた1回戦でダリラ・ヤクポビッチ(スロベニア)/ダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)を6-4 6-1で破っていた。

※写真はオーストラリアン・オープンでの日比野菜緒(ブラス)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録