私の愛読書〜テニス『丸ごと一冊』サービス


私が師と仰ぐ亜細亜大学テニス部監督の堀内晶一先生を今回は紹介します。


忘れもしない今から11年前。

堀内監督の「テニス丸ごと一冊サービス」
https://tennismagazine.jp/magazine/detail/138

この本との出会い。


テニスを教える事を生業にしているものとして、この本には襲撃を受けました。

サーブの打ち方はこうだ!と断言している点、そして自分はそれまで経験値だけで指導し、『サーブ』の打ち方はこう打つんだという確固たる知識が身に付いていないことに恥ずかしさと、お客様に申し訳ない気持ちになりました。それ以降この本を読み潰し、一冊はオブジェとして飾っています。また、潜りで多摩校舎のイベントにも参加しました。


この本の凄い点は11年経った今でも全く古びていない所です。それは流行りに媚びず、時間を超越し普遍的な部分をこれでもか!と追究している点ではと感じています。

『人本来が持っていて、また、人の最も効率の良い身体や腕の動かし方』も徹底して説いてる点で、ここには流行りなどありません。

また、堀内監督=「データ収集・分析」と言えるほど、それは占い師級です。 

サーブに悩んでいる方、但し、本気で「本物」のサーブを打ちたいという方は必読です!!

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録