男子は田形諒平(筑波大3年)と白石光(早稲田大2年)が決勝に進出 [2020インカレ]

写真は第1シードの今村昌倫(慶應義塾大4年)を破った瞬間の田形諒平(筑波大3年) 写真◎松村真行

全日本学生テニス連盟が主催する「2020年度全日本学生テニス選手権大会(男子88回/女子64回)」(三重県四日市市・四日市テニスセンター/11月17~24日/ハードコート)の大会7日目は男女単複の準決勝が行われ、各種目のファイナリストが決定した。

 第3シードの田形諒平(筑波大3年)と第1シードの今村昌倫(慶應義塾大4年)の準決勝は6-4 3-6 6-3で田形が勝利した。サービスキープに集中し、リターンゲームでは今村にプレッシャーをかけ続けることでミスを誘発。最終セットの第8ゲームでブレークを奪い、続くサービスゲームで決着がつくと、その場にうずくまって喜びを爆発させた。


ディフェンス力の高さに加え、武器のサービスでも試合を優位に進めた田形

「これ以上ない試合でした」と会心の勝利を喜ぶ田形。最終セットからファーストサービスの感覚がよくなり、「リターンゲームでプレッシャーをかけられた」ことが、その後のアグレッシブなプレーにつながった。ジュニア時代からシングルスの全国タイトルとは縁がなかったが、インカレ制覇まであと一勝に迫った。「最大の目標にまた近づけた」と話した。

 強風の影響もあり、本来のプレーとは言い難いパフォーマンスに終わった今村だが、それ以上に「相手のプレーが本当によかった」と勝者を称えた。とはいえ、「学生最後の大会で単複優勝して……と思ってたんですけど、うまくいきませんね(笑)」と本音もこぼれた。


優勝の大本命として出場した今村は悔しいベスト4止まり

 もう一方の準決勝は、第5シードの白石光(早稲田大2年)が第4シードの羽澤慎治(慶應義塾大3年)を6-1 6-2で退け、決勝進出を決めた。

 白石はアップテンポのラリー戦に強い羽澤に対し、”スローペース”からの駆け引きで勝機を見出した。第1セットは最初の4ゲームを連取。4-2と差を縮められたが、「そこでブレークできたこともよかった」というように、接戦に強い相手から逃げ切るように勝利をおさめた。

 今年のインカレは、大会前から「(優勝を)狙っている」と語る白石。全中、インターハイに続き、大学の全国タイトルもあと一歩のところまできている。「その可能性も見えてきて、すごく楽しみになってきました」と笑顔で答えた。


今日は序盤から相手を突き放す試合運びを見せた白石

「(白石は)ミスがなく、こちらは集中力を保たないといけないが、自らのミスでその集中も切れてしまった」と反省する羽澤。相手のスローペースに合わせながら攻めていこうと臨んだものの、コースを狙いすぎるあまりボールはことごとくラインを割った。悔いが残る一戦ではあるが、まだ3年生。来年こそは悲願の日本一を手にし、将来的な「プロへの道」も自らの手で切り開いていきたい。


ここ1年ほど勝てていない白石にまたも敗れた羽澤

 ダブルス準決勝では、岡垣光祐/柚木武(法政大4年/4年)が後輩の中川舜祐/大田空(法政大3年/1年)に6-1 4-6 [11-9]と競り勝ち、もう一方は田形/弘光慎太郎(筑波大3年)が白石/丹下将太(早稲田大学2年)に6-4 3-6 [10-7] と勝利。どちらも最後まで目が離せない接戦となった。

 大会最終日の11月24日(火)は10時00分から、男女単複の決勝が行われる予定となっている。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

取材◎中野恵太 写真◎松村真行

Related