白石光(早稲田大2年)が田形諒平(筑波大3年)を破りインカレ王者へ [2020インカレ]

写真は優勝を決めて安堵の表情を浮かべる白石光(早稲田大2年) 写真◎松村真行

全日本学生テニス連盟が主催する「2020年度全日本学生テニス選手権大会(男子88回/女子64回)」(三重県四日市市・四日市テニスセンター/11月17~24日/ハードコート)の大会最終日(8日目)は男女単複の決勝が行われ、各種目の今年のチャンピオンが決定した。

 男子シングルスは第5シードの白石光(早稲田大2年)が第3シードの田形諒平(筑波大3年)を6-3 5-7 6-2で退け、大学日本一に輝いた。

 第1、2セットともに先にブレークを奪ったのは田形だったが、白石は次のゲームで必ずブレークバックするなど相手に手綱を渡さず、常にプレッシャーをかけ続けた。ともに1セットを奪い合い、迎えた最終セットは序盤から互いにリスクをとって攻める駆け引きが繰り広げられた。

 第2セット以降、リスク覚悟で攻め続ける田形に対し、白石は「ここで引いたら負ける」と感じたという。サーブ&ボレーやネットプレーを駆使してさらなる揺さぶりをかけると、田形も負けじと厳しいコースを狙った。だが、「裏を返せば、雑なプレーにもつながった」。白石はその隙を逃さなかった。

 最終セット2-2で迎えた第5ゲームでブレークに成功。続くゲームでは何度もデュースを迎えたが、この苦境を切り抜けて4-2へ。「このゲームがキーだったと思う」と白石が振り返るように、2ゲーム差をつけて優位な状況をつくることで、気持ちにも余裕が生まれた。最終的には6-2というスコアで試合を締めくくった。


白石のネットプレー、タッチ感覚は終盤になっても精度が高かった

 準決勝まで全試合ストレート勝ちと危なげなく勝ち上がり、「決勝でフルパワーを出せたのは大会序盤で体力を温存できたことが大きい」と白石。田形との駆け引きの中でも守る場面や攻めるタイミングを冷静に見極められた。

 2年生で優勝できたことは「自信になる」と語ったものの、目指す舞台は世界だ。「結果を残せば、ユニバーシアードとかナショナル代表として海外の舞台に絡んでいける」。将来的なプロの道を見据えながら、今後は彼らと互角に渡り合えるよう強化に取り組んでいく。

 大会最終日を迎える時点まで単複2冠の可能性を残していた田形はシングルス決勝後に臨んだダブルス(/弘光慎太郎)でも岡垣光祐/柚木武(法政大4年)に敗れてしまい、「今日は僕の日ではなかったですね……」とぽつり。


単複ともにあと一歩のところまで迫った田形

 昨年はインカレで8強、インカレ室内でベスト4を記録。そして今回は準優勝と着実にステップアップしているが、「あとは今年度のインカレ室内、来年のインカレしかチャンスはない。決勝の舞台はそう何度もプレーできるものではないので……」と首を振る。白石との試合も逆転できるチャンスは何度もあった。それだけに「すごく悔やまれます」と肩を落とした。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

取材◎中野恵太 写真◎松村真行

Related