元世界27位ロブソンが2度の股関節手術を経て復帰への第一歩を踏み出す

写真は昨年2月のフェドカップでのローラ・ロブソン(イギリス)(Getty Images)

女子テニス元世界ランク27位のローラ・ロブソン(イギリス)が火曜日に自身のインスタグラムを更新し、2度の股関節手術を経て1年以上ぶりにコートに戻ってきたことを報告した。

 2018年6月にノッティンガム(WTAインターナショナル/グラスコート)のダブルスでプレーしたあと7月に股関節の手術に踏み切ったロブソンは、翌年2月に復帰したが3大会でプレーしただけで同年12月に再手術を受けていた。

 ロブソンはインスタグラムにナショナルテニスセンターでボールを打つ動画を投稿し、「今日は本当によい日です。1年以上ぶりのテニスです。正直に言うと最後の手術のあと、コートに戻れないかもしれないと思っていました。ここまでくるのに途方もない量のリハビリとハードワークが必要だったので、今日は自分自身のことを誇りに思います」とコメントした。

 14歳だった2008年ウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)でジュニアの部のチャンピオンに輝いた経歴を持つロブソンは、2012年USオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)と13年ウインブルドンで16強入りするなど世界ランク自己最高27位をマークし、2012年ロンドン五輪ではアンディ・マレー(イギリス)とのコンビでミックスダブルス銀メダルを獲得した。

 最初の股関節手術を受ける前の2018年シーズンに日本のITF大会に参戦したロブソンは、3月の横浜(ITF2.5万ドル/ハードコート)のダブルスでタイトルを獲得していた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related