2020-12-06

ジュニア

ジョーンズ怜音が2週連続優勝、髙悠亜は森田皐介とのダブルスでタイトルを獲得 [ITFジュニア松山:U18男子]

写真は男子シングルス優勝のジョーンズ怜音(暁中学校/中央)と準優勝の髙悠亜(関西高校/左から3人目)(写真提供◎リポビタン国際ジュニア Supported by 伊達公子×YONEX PROJECT)

ITF(国際テニス連盟)のジュニア公式戦「リポビタン国際ジュニア Supported by 伊達公子×YONEX PROJECT」(ITFグレード5/愛媛県松山市・愛媛県総合運動公園テニスコート/本戦12月2~6日/ハードコート)の男子シングルスで、第4シードのジョーンズ怜音(暁中学校)が第8シードの髙悠亜(関西高校)を6-1 7-5で下して初代チャンピオンに輝いた。

 15歳のジョーンズがITFジュニアでタイトルを獲得したのは、前週の山梨(ITFグレード5/クレーコート)に続いて2度目となる。

 今大会でのジョーンズは、1回戦で蔵田太洋(アキラITC)を5-7 6-4 6-4で、2回戦で大村蒼太(港川中学校)を6-3 6-1で、準々決勝で第5シードの三好健太(桜田倶楽部)を6-4 6-4で、準決勝では松岡隼(桜田倶楽部)を6-1 7-5で破って決勝進出を決めていた。

 男子ダブルス決勝は、第3シードの森田皐介(柳川高等学校)/髙が第1シードの小泉煕毅(さくら野火止テニスアカデミー)/上野山大洋(上野山テニススクール)を6-4 6-4で倒して優勝を飾った。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○9ジョーンズ怜音(暁中学校)[4] 6-1 7-5 ●25髙悠亜(関西高校)[8]

男子ダブルス決勝

○12森田皐介/髙悠亜(柳川高等学校/関西高校)[3] 6-4 6-4 ●1小泉煕毅/上野山大洋(さくら野火止テニスアカデミー/上野山テニススクール)[1]


(伊達公子さんの左から)男子ダブルス優勝の森田皐介(柳川高等学校)、髙悠亜(関西高校)、準優勝の上野山大洋(上野山テニススクール)、小泉煕毅(さくら野火止テニスアカデミー)(写真提供◎リポビタン国際ジュニア Supported by 伊達公子×YONEX PROJECT)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真提供◎リポビタン国際ジュニア Supported by 伊達公子×YONEX PROJECT

Related