産休を経て、元ダブルス世界1位ベスニナが復帰の意向「少し怖いけどワクワクする」

写真は2018年BNPパリバ・オープン期間中のエレナ・ベスニナ(ロシア)(Getty Images)

女子テニス元ダブルス世界ランク1位のエレナ・ベスニナ(ロシア)が金曜日に自身のインスタグラムを更新し、WTAツアーに復帰する意向を表明した。2015年11月に結婚したベスニナは2018年フレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)を最後にツアーから遠ざかったあと、同年10月に妊娠したことを公表していた。

 ベスニナはインスタグラムに投稿したメッセージの中で「私はWTAツアーに戻ります。少し怖いですが、とてもワクワクしています」と報告し、「スケジュールについては、少しあとにお知らせする予定です。WTAの公式カレンダーが更新されるのを待っています。ところで皆さん、ハッピーニューイヤー」とコメントした。

 エカテリーナ・マカロワ(ロシア)とのコンビでグランドスラム大会3勝(2013年全仏、14年全米、17年ウインブルドン)を挙げたベスニナは、2016年には同ペアでリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した。ダブルスでの実績が目立つベスニナだが、シングルスでも2017年インディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)などツアー3勝を挙げて2017年3月に自己最高となる13位をマークしている。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related