二宮真琴/ボラコバが初戦敗退、日比野菜緒は出場取り消し [ギップスランド・トロフィー]

写真は二宮真琴(手前)/レナタ・ボラコバ(エディオン/チェコ)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「ギップスランド・トロフィー」(WTA500/オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/1月31日~2月6日/賞金総額44万7620ドル/ハードコート)の女子ダブルス1回戦で、二宮真琴(エディオン)/レナタ・ボラコバ(チェコ)はミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)/アリゼ・コルネ(フランス)に4-6 6-2 [2-10]で敗れた。試合時間は1時間13分。

 ボラコバと二宮のコンビは、今回が15回目のダブルス出場。2017年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)では、同ペアで4強入りを果たした。

 ブザネスク/コルネは2回戦で、第6シードのヘイリー・カーター(アメリカ)/ルイーザ・ステファニー(ブラジル)と対戦する。カーター/ステファニーは1回戦で、ルーシー・ラデッカ/クリスティーナ・プリスコバ(ともにチェコ)を6-1 7-6(4)で下しての勝ち上がり。

 またこの日は日比野菜緒(ブラス)のシングルス1回戦が行われる予定だったが、ケガを理由に出場を取り消した。日比野は土居美咲(ミキハウス)とのペアで同じ日程で行われるヤラバレー・クラシック(WTA500/ハードコート)のダブルスにもエントリーしていたが、同じく棄権した。

 この大会は「メルボルン・サマーシリーズ」の一環として行われ、オーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の前哨戦のひとつとして他のWTA500イベント2大会と一緒にメルボルン・パークで開催されている。今年のオーストラリアン・オープンは新型コロナウイルス(COVID-19)の規制のために従来より3週間開始を遅らせ、2月8日にメルボルン・パークで開幕する予定になっている。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related