「ドローを見て楽しみになってきた!」 大坂なおみがドロー発表にコメント

ギップスランド・トロフィーの準々決勝でイリーナ カメリア・ベグ(ルーマニア)を倒して笑顔でインタビューに答える大坂なおみ(日清食品)

オーストラリアン・オープンのドロー抽選が行われ、第3シードの大坂なおみ(日清食品)の1回戦の相手はアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)に決まった。同じブロックにはグランドスラム優勝経験のあるアンジェリック・ケルバー(ドイツ)、ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)、ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)、ビアンカ・アンドレスク(カナダ)、ペトラ・クビトバ(チェコ)が含まれている。

「自分の勝ち上がり予想ドローを見たわ。正直、ちょっと楽しみになってきた。私は強い相手と戦うのが好きよ。特にグランドスラムではね。でも実際に予想ドローのように大会が進むのを見たことがないわ。だから誰にとっても面白い大会になるんじゃないかしら」と大坂はコメントを残している。

 ドロー抽選は検疫ホテルのスタッフのひとりが新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性と診断されたために160人の選手が隔離されて検査を受けている間、木曜日のすべての試合が延期されたことを受けて予定より1日遅れで行われた。(APライター◎ジョン・パイ/構成◎テニスマガジン)(APライター◎ジョン・パイ/構成◎テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related