今季2戦目に臨んだ今西美晴がダブルスで準優勝 [W15シャルム エル シェイク]

写真は女子ダブルス準優勝の今西美晴(フリー/左)とユスティナ・ミクルスキテ(リトアニア)(写真◎本人提供)

国際テニス連盟(ITF)の女子ツアー下部大会「W15シャルム エル シェイク」(ITFワールドテニスツアーW15/エジプト・シャルム エル シェイク/2月8~14日/賞金総額1万5000ドル/ハードコート)の女子ダブルス決勝で、第4シードの今西美晴(フリー)/ユスティナ・ミクルスキテ(リトアニア)はノーシードから勝ち上がってきたクリスティーナ・ラビコバ/アンナ・シスコバ(ともにチェコ)に6-7(0) 4-6で敗れた。試合時間は1時間24分。

 今大会で初めてペアを組んだ今西/ミクルスキテは1回戦でイレーネ・ラビーノ(イタリア)/リャン・エンシュオ(台湾)を6-3 2-6 [10-7]で、準々決勝でモニカ・キルナロバ(チェコ)/ソフィア・セウィング(アメリカ)を6-2 6-4で、準決勝ではIsabelle HAVERLAG(オランダ)/アナスタシア・プリビロワ(ロシア)を6-2 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 今西はシングルスに第5シードで出場していたが、初戦で井上雅(テニスラウンジ)に5-7 3-6で敗れていた。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

上位の試合結果

女子シングルス決勝

○9ルチア・ブロンツェッティ(イタリア)[3] 7-6(4) 6-0 ●20ネフィサ・ベルベロビッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

女子シングルス準決勝

○9ルチア・ブロンツェッティ(イタリア)[3] 4-6 6-2 7-6(2) ●8ガンナ・ポズニキレンコ(ウクライナ)[6]

○20ネフィサ・ベルベロビッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)6-3 7-6(4) ●27エマ・デービス(アメリカ)[Q]

女子シングルス準々決勝

○8ガンナ・ポズニキレンコ(ウクライナ)[6] 6-4 6-4 ●3ジュリー・ベルグラーブ(フランス)[Q]

○9ルチア・ブロンツェッティ(イタリア)[3] 6-3 7-5 ●13井上雅(テニスラウンジ)

○20ネフィサ・ベルベロビッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)6-2 6-2 ●24シャリマー・タルビ(ベラルーシ)[4]

○27エマ・デービス(アメリカ)[Q] 6-1 6-2 ●31アンナ・シスコバ(チェコ)

女子ダブルス決勝

○15クリスティーナ・ラビコバ/アンナ・シスコバ(チェコ)7-6(0) 6-4 ●5今西美晴/ユスティナ・ミクルスキテ(フリー/リトアニア)[4]

女子ダブルス準決勝

○5今西美晴/ユスティナ・ミクルスキテ(フリー/リトアニア)[4] 6-2 6-3 ●4Isabelle HAVERLAG/アナスタシア・プリビロワ(オランダ/ロシア)

○15クリスティーナ・ラビコバ/アンナ・シスコバ(チェコ)7-6(4) 6-7(5) [10-5] ●11エマ・デービス/ローレン・デービス(アメリカ)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎本人提供

Related