白石光(早稲田大2年)がインカレに続く2020年度2冠達成、松田美咲(亜細亜大4年)は大会連覇で有終の美 [2020インカレ室内]

写真はシングルスで優勝を飾った白石光(早稲田大学2年/左)と松田美咲(亜細亜大学4年)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)

全日本学生テニス連盟が主催する「2020年度全日本学生室内テニス選手権大会(第57回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/2月19~25日/室内ハードコート)は大会最終日を迎え、男女単複の決勝が行われた。

 2020年度の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより年内開催を見送り、2月に延期し万全の感染対策を実施して行われることになった。予選を廃止して本戦のみとなり、原則的に1日最大16試合までに制限された。

 早稲田大学の先輩後輩対決となった男子シングルス決勝は第1シードの白石光(2年)がノーシードから勝ち上がってきた高畑里玖(1年)を6-2 7-5で下してインカレに続いて栄冠に輝き、女子シングルス決勝は第3シードの松田美咲(亜細亜大学4年)が第1シードの平田歩(慶應義塾大学3年)を7-5 6-2で倒して2連覇を達成した。

 男子ダブルス決勝は第1シードの羽澤慎治/藤原智也(慶應義塾大学3年/1年)が畠山尚/増田健吾(早稲田大学3年/2年)を7-5 6-1で、女子ダブルス決勝は阿部宏美/我那覇真子(筑波大学2年/3年)が第1シードの永田杏里(慶應義塾大学2年)/平田を4-6 6-2 [10-4]で破り、それぞれ優勝を飾った。

 この大会は男女ともシングルス32ドロー、ダブルス16ドローのトーナメント方式で争われる。試合はすべてトーナメント方式で、シングルスは準決勝以降がベストオブ3タイブレークセットマッチ、シングルス準々決勝までとダブルスはファイナル10ポイントマッチタイブレークで行われた。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Altは繰り上がり出場

男子シングルス決勝

○1白石光(早稲田大学2年)[1] 6-2 7-5 ●19高畑里玖(早稲田大学1年)

女子シングルス決勝

○24松田美咲(亜細亜大学4年)[3] 7-5 6-2 ●1平田歩(慶應義塾大学3年)[1]

男子ダブルス決勝

○1羽澤慎治/藤原智也(慶應義塾大学3年/1年)[1] 7-5 6-1 ●13畠山尚/増田健吾(早稲田大学3年/2年)[Alt]

女子ダブルス決勝

○15阿部宏美/我那覇真子(筑波大学2年/3年)4-6 6-2 [10-4] ●1永田杏里/平田歩(慶應義塾大学2年/3年)[1]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

Related