連覇へ執念曲げず…春からプロの松田美咲(亜細亜大4年)が有終の美 [2020インカレ室内]

写真は女子シングルスで2連覇を達成した松田美咲(亜細亜大学4年)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)

全日本学生テニス連盟が主催する「2020年度全日本学生室内テニス選手権大会(第57回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/2月19~25日/室内ハードコート)は大会最終日を迎え、男女単複の決勝が行われた。

 女子シングルスでは、第3シードの松田美咲(亜細亜大学4年)が第1シードの平田歩(慶應義塾大学3年)を7-5 6-2で破って大会2連覇を達成。女子ダブルスではノーシードの阿部宏美/我那覇真子(筑波大学2年/3年)が第1シードの永田杏里(慶應義塾大学2年)/平田を4-6 6-2 [10-4]で破ってペア初優勝を果たした。

 勝利の瞬間、松田は笑顔のガッツポーズを窓越しの観戦エリアのほうへ向けた。視線の先にはダブルスパートナーの朝倉菜月(亜細亜大学4年)。ダブルスは1回戦で敗れたが、大阪に残って松田の心身の支えになっていたという。

「落ち込んでるときに話を聞いてくれたり、朝のアップのときにコーチに言われたことをノートに書いてくれたり、そこに一言メッセージを加えてくれたりして一番に喜びを分かち合いたかった」

 朝倉だけではない。監督やコーチ、そこにいなかったチームメイトや家族、友人…そのサポートに応えるため、どうしても勝たなくてはいけなかったという松田の執念のプレーにネットの向こうの平田は多少気圧されていた。

「松田さんはこれからプロになろうという人。やっぱりレベルが違うと思いました」

 とはいえ、昨年度の準決勝では3時間に及ぶ激闘を演じた2人だ。松田のブレークで始まった試合はふたたび接戦の様相を見せていた。第4ゲームで追いついた平田が第8ゲームをブレークしてサービング・フォー・ザ・セットを迎える。しかし40-30のセットポイントでダブルフォールトを犯し、のちに掴んだ2度目のセットポイントもバックハンドのミスで逃した。


単複ともに準優勝に終わった平田歩(慶應義塾大学3年)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)

 昨年の松田との対戦でも2つのセットで5-2のマッチポイントを生かせなかった平田には、少なからずそのトラウマがあるという。「ボールを入れにいってしまうところはある」と平田。また逆転されてしまうかもしれない…。

 低軌道でスピーディな平田のショットに、ときに振り回されながら食らいついていた松田はその隙を見逃さなかった。ここから4ゲーム連取の反撃でセットをものにすると、第2セットも2度のブレークで4-1とリードを広げる。

「相手が攻めてくるタイプなので、自分がしたいプレーよりもどうしたらポイントを取れるかということを考えて実践できたのがよかった」

 平田も第6ゲームでひとつブレークを返すが、抵抗はそこまでだった。松田がすぐにブレークして続くサービスゲームできっちりと締めくくった。

 自分に課した学生時代最後のテストをクリアし、春からはプロの世界へ飛び込む。

 敗れた平田は、1学年下の永田と組んだダブルスも準優勝に終わり、「単複をやっていくにはフィジカルが弱い。鍛えないといけない部分が多いと感じました」と反省や課題が口をついたが、これまでの殻を破る決勝進出に満足感も見てとれた。(ライター◎山口奈緒美)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

Related