ムグルッサが前年覇者サバレンカを倒して準々決勝へ [カタール・オープン]

写真はガルビネ・ムグルッサ(スペイン)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「カタール・トータル・オープン」(WTA500/カタール・ドーハ/3月1~6日/賞金総額56万5530ドル/ハードコート)女子シングルス2回戦でガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が第3シードのアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)に競り勝ち、第1シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)はストレート勝利でそれぞれ8強入りを決めた。

 第2セット6-5のサービング・フォー・ザ・マッチでブレークバックを許したムグルッサは続くタイブレークを取られたが、最終的に前年覇者のサバレンカを6-2 6-7(5) 6-3で振りきった。

「私はとにかくファイトして踏ん張り続け、自分が勝つんだと言い聞かせていたの。相手が素晴らしいプレーをしていたから、私はもっといいプレーをしなければならなかったわ」とムグルッサはコメントした。

 世界ランク16位のムグルッサは準々決勝で、マリア・サカーリ(ギリシャ)と対戦する。サカーリはこの日、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染してオーストラリアン・オープンを欠場してから復帰後2試合目だったマディソン・キーズ(アメリカ)を6-2 6-2で倒した。

 オーストラリアン・オープン4回戦敗退から初の試合に臨んだスビトリーナは、ラッキールーザーで本戦入りした日本の土居美咲(ミキハウス)に6-1 6-2で快勝した。土居は予選3試合を含め、この5日間で5試合をプレーして力尽きた。

 スビトリーナは次のラウンドで、予選勝者のラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-4 6-2で破って勝ち上がった第8シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦する。

 この日初戦をプレーしたそのほかの上位シード勢は第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)がオンス・ジャバー(チュニジア)との接戦を6-4 4-6 7-5で制し、第4シードのペトラ・クビトバ(チェコ)はアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)を6-1 6-3で退けた。

 そのほかの試合ではアネット・コンタベイト(エストニア)がグランドスラム大会優勝歴3回のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-1 6-4で、オーストラリアン・オープン準々決勝進出者で予選から勝ち上がってきたジェシカ・ペグラ(アメリカ)はエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を6-2 7-5で下し、ベスト8が出揃った。

 準々決勝ではプリスコバがペグラと、クビトバはコンタベイトと対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related