五十嵐唯愛(四日市商)が団体との2冠を達成 [2021高校センバツ]

女子決勝を制した五十嵐唯愛(四日市商) 写真◎上野弘明

「第43回全国選抜高校テニス大会」(3月20~26日/博多の森テニス競技場、春日公園テニスコート)の大会最終日、26日(金)は男女個人戦の準決勝と決勝が3セットマッチで行われ、女子決勝は五十嵐唯愛(四日市商)が中島玲亜(岡山学芸館)を4-6 6-4 6-1で破り、団体との2冠を達成した。

 五十嵐は宮原千佳(第一薬科大付)との準決勝で3時間半を超える激闘の末、7-5 6-7(4) 6-4で勝利。中島は中山友里(松商学園)と対戦し、3-6 6-4 6-4と逆転勝ちをおさめて勝ち上がっていた。

 決勝は14時10分からセンターコートで開始。まずは中島がリズムを掴む。第1ゲームから3ゲーム連取でリードを奪い、4-1から4-4に並ばれるも、第9ゲームでブレークに成功。続くサービスゲームをセーブして第1セットを先取した。


試合前の五十嵐(左)と中島(写真◎上野弘明)

 ただ、第2セット中盤から五十嵐に流れが傾く。押され気味だった第1セットの反省から「チャンスの場面ではどんどん前に詰めてボレーを決めよう」と意識した。連続ポイントを重ねはじめ、次第に相手のミスも増加。「体力勝負にもっていけば、自分に分がある」と確信した。

 プレー面では攻守のメリハリが明確となり、五十嵐のプレーが冴え始める。第2セットは1-3とリードを奪われた場面から挽回を見せ、最後は6-4で奪取。最終セットの第1ゲームこそ中島にブレークを許したが、その後も緩急をつけたストローク、ドロップショット、そしてネットプレーを織り交ぜた多彩なプレーで6ゲームを連取した。前日の団体優勝に続き、個人戦でも全国タイトルを手に入れた。

 五十嵐は団体戦で初戦の2回戦をのぞく、すべてのS1対決に敗れていた。「仲間のおかげで個人戦はベスト4から出場できた。この優勝は私ひとりの力では獲れなかった」と応援してくれた仲間に感謝の言葉を述べた。

 個人戦の優勝により、今年行われるUSオープンの予選ワイルドカードを獲得。四日市商からは2018年にチャンピオンとなった吉岡希紗以来2人目となる。「目標としている先輩なので、同じUSオープンの切符を手にできてうれしいです」と微笑んだ。

 先に第1セットを奪い、第2セットも3-1とリードしていた中島だが、「そこで少し安心してしまったところが大きな敗因」と悔しさいっぱい。第2セットを落とし、最終セットも先にブレークしたものの、緩急をつけてくる五十嵐のプレーに「プレッシャーがかかり、それにうまく対応できなかった」と振り返った。


団体個人と準優勝に終わった中島(写真◎上野弘明)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

編集部◎中野恵太 写真◎上野弘明

Related