錦織は3回戦敗退、フルセットに持ち込むもナダルの牙城崩せず [バルセロナ・オープン]

写真は錦織圭(日清食品)(Getty Images)

ATPツアー公式戦の「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」(ATP500/スペイン・バルセロナ/4月19~25日/賞金総額170万2800ユーロ/クレーコート)の男子シングルス3回戦で、錦織圭(日清食品)は第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)に0-6 6-2 2-6で敗れた。試合時間は2時間19分。

 バルセロナに2年ぶり9度目の出場となった31歳の錦織は、2014年と15年に2連覇を達成。前回プレーした2019年は、準決勝でダニール・メドベージェフ(ロシア)に4-6 6-3 5-7で敗れていた。

 この結果でナダルは、錦織との対戦成績を12勝2敗とした。バルセロナでは2016年の決勝で対戦し、ナダルが6-4 7-5で勝っていた。

 今大会での錦織は1回戦でギド・ペラ(アルゼンチン)を4-6 7-6(4) 6-2で、2回戦では第13シードのクリスチャン・ガリン(チリ)を7-6(5) 4-6 6-1で破って16強入りを決めていた。

 ナダルは準々決勝で、キャメロン・ノリー(イギリス)と対戦する。ノリーは第8シードのダビド・ゴファン(ベルギー)が第2セット途中で棄権したため、3回戦を勝ち上がっていた。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related