2021-05-15

ジュニア

大会3日目が終了、14歳以下のファイナリストが出揃う [全国選抜ジュニア]

写真は園部八奏(関東/与野TC)(写真提供◎公益財団法人 吉田記念テニス研修センター、撮影◎スポーツターゲット社:大澤泰紀カメラマン)

日本テニス協会(JTA)などが主催する「DUNLOP CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会兼ワールドジュニアテニス世界大会 代表選考会」(千葉県柏市・吉田記念テニス研修センター/5月13~16日/ハードコート)の大会3日目は14歳以下および12歳以下のシングルス準々決勝と準決勝が行われ、各種目のファイナリストが出揃った。

 男子は第1シードの逸﨑獅王(関西/First-J Junior Team)が第8シードの加羽澤龍之介(関東/上尾TC)を6-4 6-3で下し、ノーシードから勝ち上がってきた安藤雄哉(関東/荏原SSC)と決勝で対戦することになった。安藤は準々決勝で永嶋煌(東北/R-PROJECT)にで競り勝ったあと、準決勝で黒田渓太(関東/成蹊中学校)を6-1 6-1で退けた。

 トップ2シードが2回戦で姿を消した女子の決勝は、第3シードの園部八奏(関東/与野TC)と早坂来麗愛(東北/ウイニングショット)の顔合わせとなった。準決勝では園部が梅國莉音子(関東/与野TC)を7-5 3-6 6-1で、早坂は野口紗枝(関東/レニックスTS)を7-6(3) 6-2で破って勝ち上がった。

 全国選抜ジュニアテニス選手権大会は、男女シングルス(14歳以下/12歳以下)各32ドローで争われ、14歳以下はワールドジュニアテニス世界大会の代表選手の選考会を兼ねている。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

14歳以下の試合結果

男子シングルス準決勝

○1逸﨑獅王(関西/First-J Junior Team)[1] 6-4 6-3 ●16加羽澤龍之介(関東/上尾TC)[8]

○23安藤雄哉(関東/荏原SSC)6-1 6-1 ●30黒田渓太(関東/成蹊中学校)

男子シングルス準々決勝


○1逸﨑獅王(関西/First-J Junior Team)[1] 6-2 6-4 ●5横堀陽太郎(北信越/JSSジャンボITS)

○16加羽澤龍之介(関東/上尾TC)[8] 6-1 6-3 ●11駒田瑛人(関西/ラボキッズJr)

○23安藤雄哉(関東/荏原SSC)3-6 6-3 7-6(4) ●18永嶋煌(東北/R-PROJECT)

○30黒田渓太(関東/成蹊中学校)6-2 6-3 ●26鈴木琉斗(関西/TCコ・ス・パ八尾南)


逸﨑獅王(関西/First-J Junior Team)(写真提供◎公益財団法人 吉田記念テニス研修センター、撮影◎スポーツターゲット社:大澤泰紀カメラマン)

女子シングルス準決勝

○6早坂来麗愛(東北/ウイニングショット)7-6(3) 6-2 ●10野口紗枝(関東/レニックスTS)

○24園部八奏(関東/与野TC)[3] 7-5 3-6 6-1 ●26梅國莉音子(関東/与野TC)

女子シングルス準々決勝

○6早坂来麗愛(東北/ウイニングショット)6-0 6-3 ●3江馬心美(関西/大渡TA)

○10野口紗枝(関東/レニックスTS)6-2 6-2 ●13矢口絢菜(関東/たちかわJrTA)

○24園部八奏(関東/与野TC)[3] 6-3 6-1 ●18井上季子(中国/やすいそ庭球部)

○26梅國莉音子(関東/与野TC)6-0 6-3 ●30窪田結衣(四国/愛媛トレセン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真提供◎公益財団法人 吉田記念テニス研修センター、撮影◎スポーツターゲット社:大澤泰紀カメラマン

Related