ハイブリッドの正しい張り方をBabolatに聞きました

 ストリングの縦、横に異なるストリングを張る“ハイブリッド”がプロの間ではもちろん、一般プレーヤーの間にも浸透し始めているようです。しかし、ハイブリッドで張る真の狙いは何でしょうか? 今回はBabolat VS JAPANの大塚正人氏にハイブリッドの歴史、どんな人がどの張り方を選ぶべきかなど、詳しく教えていただきました。



 Babolatと言えば、ピュアアエロのラファエル・ナダル(スペイン)とピュアストライクのドミニク・ティーム(オーストリア)が真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。ナダルはハイブリッドではないですが、ティームはハイブリッドで張っています。



 テニスパラダイスのスタッフさんが当日に着用していたのが、Babolatの歴代ロゴマークの入ったポロシャツ。滅多に見られない貴重なものです。




 テニスパラダイスには巨大ピュアストライクが飾ってあります。本物のラケットがこんなに小さく見えます。



 ストリングのコーナーでは、こんな感じで発売されています。ハイブリッドの正しい選び方については、5月20日発売のテニスマガジン7月号で詳細に特集しました!

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related