2021-05-16

ジュニア

12歳以下は櫻井義浩(関東/美浜テニスガーデン)と石井心菜(関東/グリーンテニスプラザ)が優勝 [全国選抜ジュニア]

写真は12歳以下優勝の櫻井義浩(関東/美浜テニスガーデン:左)と石井心菜(関東/グリーンテニスプラザ)(撮影◎BBM)

日本テニス協会(JTA)などが主催する「DUNLOP CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会兼ワールドジュニアテニス世界大会 代表選考会」(千葉県柏市・吉田記念テニス研修センター/5月13~16日/ハードコート)は最終日を迎え、14歳以下および12歳以下の男女シングルス決勝と3位決定戦が行われた。

 12歳以下の決勝は男子が第2シードの櫻井義浩(関東/美浜テニスガーデン)が第1シードの安生竜輝(関東/宇都宮サンTC)とのトップ2シード対決を6-1 7-5で制し、女子は第2シードの石井心菜(関東/グリーンテニスプラザ)が第6シードの吉野寿桃(関西/四ノ宮TC)を6-1 6-1で下し、それぞれ優勝を飾った。

 3位決定戦は男子が第6シードの小林兼輔(関東/桜田倶楽部)、女子は第3シードの山本晄(関東/ミナミグリーンTC)がそれぞれ勝利をおさめた。

 全国選抜ジュニアテニス選手権大会は、男女シングルス(14歳以下/12歳以下)各32ドローで争われ、14歳以下はワールドジュニアテニス世界大会の代表選手の選考会を兼ねている。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

12歳以下の試合結果

男子シングルス決勝

○32櫻井義浩(関東/美浜テニスガーデン)[2] 6-1 7-5 ●1安生竜輝(関東/宇都宮サンTC)[1]

女子シングルス決勝

○32石井心菜(関東/グリーンテニスプラザ)[2] 6-1 6-1 ●8吉野寿桃(関西/四ノ宮TC)[6]

男子3位決定戦

○小林兼輔(関東/桜田倶楽部)[6] 6-2 6-1 ●木河瞭(九州/team.縁)[5]

女子3位決定戦

○山本晄(関東/ミナミグリーンTC)[3] 4-6 6-1 6-3 ●駒田唯衣(東海/GITC)[4]


左から14歳以下優勝の安藤雄哉(関東/荏原SSC)、園部八奏(関東/与野TC)、12歳以下優勝の櫻井義浩(関東/美浜テニスガーデン)、石井心菜(関東/グリーンテニスプラザ)(撮影◎BBM)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


撮影◎BBM

Pick up


Related

Ranking of articles