中京大の山口雄矢(4年)と鈴木芽衣(3年)が優勝、山口は単複2冠 [R3春季東海学生]

写真はシングルス優勝の山口雄矢(中京大学4年/左)と鈴木芽衣(中京大学3年)(写真提供◎東海学生テニス連盟)

東海学生テニス連盟が主催する「令和3年度第71回東海学生春季テニストーナメント大会」(岐阜県岐阜市・長良川テニスプラザ/本戦5月10~20日/ハードコート)は最終日を迎え、男女単複の決勝が行われた。

 男子シングルス決勝は第1シードの山口雄矢(中京大学4年)が第12シードの衣川信繁(愛知学院大学3年)を6-4 7-6(3)で倒し、女子シングルス決勝は第3シードの鈴木芽衣(中京大学3年)が第12シードの稲垣綾乃(中京大学4年)との同校対決を6-1 6-2で制し、それぞれ優勝を飾った。

 中京大学同士の対戦となった男子ダブルス決勝は第2シードの山口/北澤拓真(4年)が河村陸斗(2年)/皆川将也(2年)を6-4 6-2で、女子ダブルス決勝は第2シードの飯田莉帆/長根尾江里(東海学園大学4年/4年)が神山優香/加藤穂乃佳(中京大学3年/2年)を6-0 6-2で下してタイトルを獲得。山口は単複2冠を達成した。

 インカレ出場権をかけた東海学生春季テニストーナメント大会は男子シングルス64ドロー、女子シングルス48ドロー、男子ダブルス32ドロー、女子ダブルス24ドローで争われた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○1山口雄矢(中京大学)[1] 6-4 7-6(3) ●40衣川信繁(愛知学院大学)[12]

女子シングルス決勝

○17鈴木芽衣(中京大学)[3] 6-1 6-2 ●40稲垣綾乃(中京大学)[12]

男子ダブルス決勝

○32山口雄矢/北澤拓真(中京大学)[2] 6-4 6-2 ●12河村陸斗/皆川将也(中京大学)

女子ダブルス決勝

○32飯田莉帆/長根尾江里(東海学園大学)[2] 6-0 6-2 ●11神山優香/加藤穂乃佳(中京大学)


男子ダブルス優勝の山口雄矢(右)/北澤拓真(中京学4年/4年)(写真提供◎東海学生テニス連盟)


女子ダブルス優勝の飯田莉帆(右)/長根尾江里(東海学園大学4年/4年)(写真提供◎東海学生テニス連盟)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真提供◎東海学生テニス連盟

Pick up


Related

Ranking of articles