ズベレフが2試合連続3セットでの勝利で4回戦へ、次は錦織と今季3度目の対決 [フレンチ・オープン]

写真はアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)(Getty Images)

今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の男子シングルス3回戦で、第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がラスロ・ジェレ(セルビア)を6-2 7-5 6-2で下してベスト16に進出した。試合時間は2時間8分。

 ロラン・ギャロスに6年連続出場となる24歳のズベレフは、2度のベスト8(2018年、19年)がこれまでの最高成績。秋に開催された昨年は、4回戦でヤニク・シンネル(イタリア)に3-6 3-6 6-4 3-6で敗れていた。

 今季のクレーコートシーズンでのズベレフはここまでに4大会でプレーし、5月のマドリッド(ATP1000)でタイトルを獲得するなど9勝3敗の戦績で今大会を迎えている。

 ズベレフは次のラウンドで、予選勝者のヘンリー・ラクソネン(スイス)が第2セット第1ゲームの途中でリタイアしたため勝ち上がった日本の錦織圭(日清食品)と対戦する。ふたりは今季のクレーコート前哨戦で2度顔を合わせており、いずれもズベレフが勝っている。

 そのほかの試合ではアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)が第15シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)との4時間半を超える死闘を7-6(3) 2-6 7-6(6) 0-6 7-5で制し、フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)は第27シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を6-4 6-1 6-3で倒し、勝ち上がった両者の4回戦での対戦が決まった。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

男子シングルス3回戦|主な試合結果

○65アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[6] 6-2 7-5 6-2 ●70ラスロ・ジェレ(セルビア)

○75錦織圭(日本/日清食品)7-5 0-0 Ret. ●78ヘンリー・ラクソネン(スイス)[Q]

○85アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)7-6(3) 2-6 7-6(6) 0-6 7-5 ●81キャスパー・ルード(ノルウェー)[15]

○94フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)6-4 6-1 6-3 ●89ファビオ・フォニーニ(イタリア)[27]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related